読んだ作品まとめ

2019年6月に読んだ作品まとめ

2019年6月はカクヨムでおすすめの作品まとめ【ジャンル別に紹介する】の記事を書いたりして、カクヨム祭りでした。

逆にWebマンガがあまり読めなかったですね。来月はWebマンガを攻めていきたいなーと。

ってことで、2019年6月に読んだ作品をまとめておきます。

Web小説

横浜駅SF

書籍化もがっつりされていたのに、未だに読んでませんでした。

増殖を続けた横浜駅が日本中を覆いつくしてしまったという設定。

作品全体としてもさることながら、個々ではキセル同盟やSuicaの扱いとかセンスを感じます。

まあ人気になるよなーと納得の作品でした。

暗殺拳はチートに含まれますか?

第2回カクヨムWeb小説コンテスト・現代ファンタジー部門にて大賞受賞作品。

VR格闘ゲーム×暗殺拳と言った感じで、それが王道のストーリーに上手く噛み合っていました。

その科学は魔法をも凌駕する。

異世界転生モノに科学技術の要素を加えた作品。

主人公自身も科学技術によって強化されていて俺TUEEEしてる。

異世界から召喚された勇者が別にいたり、少し捻りも加えてあって面白かったです。

飢と渇

2人のとある経営者が出会って、あれこれ金稼ぎする話。

1人は幼少期に親から虐待を受けた経験を持つ堂徳というまとめサイトを運営する男。

もう1人は裕福な家庭ながらも、厳しい両親の期待に応えられず挫折してしまった清倫という男で、現在はネットワークビジネスを展開中。

そんな過去にトラウマを持つ2人が、ようするに”カモ”から金を巻き上げていく反社会的なビジネスをしていくのを過激に描いています。

良くも悪くも印象に残る作品でして、刺激的で中毒性のある文章が印象に残りました。

ナニカガイル

シンプルながらも「音」と「間」の使い方が抜群でめちゃくちゃ怖かった。

気の強めな女性OL?瀬名川さんとチワワ系後輩生田というコンビも良かったです。

すべてをあきらめた女騎士がかわいすぎる件

ラブコメ8、ファンタジー2といったところ。

年上の女騎士を部下の後輩があらすじのようにガンガンいじっていって反応を楽しむ感じ。

それなりに需要のある”女騎士モノ”の中でも、抜群に女騎士の良さを引き出せてる作品でした。

蒼眼の魔道士(ワーロック)

超王道作品。普通にライトノベル。

個人的には刹那のツンデレ感が良い。なんだかんだこんな作品が一番好き。

ひげを剃る。そして女子高生を拾う

直球的な言い方すると、家出してるビッチJKを主人公が拾う話。

そんでいつの間にか主人公がビッチJKを清楚系ヒロインに変わらせてしまうという。(内面的に)

会社の巨乳先輩上司や後輩も主人公を好いていて、今後どうなるか展開が気になります。

異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~

さりげなくその作品内の世界観を提示してくれる作品が好きなのですが、まさしくドストライクでした。

異世界の立ち位置だとか、KADOKAWAの凄さとか、、、そしていつの間にか作品の世界観に引き込まれてしまいました。

あとは、ライトノベル作家側の熱い思いも感じ取れます。

聖女に散々と罵られたが、夜の彼女は意外と可愛い

タイトルの「聖女」とそんな聖女と主人公アベルと同じパーティにいた「伯爵令嬢」との三角関係を描くファンタジーラブコメディ。

そしてその両ヒロインから受けた”とある秘密”を主人公がバレないようドタバタするのですが面白い。

よくある普通の異能力バトルロワイアル

前振りなんもなし。いきなりバトル!バトル!バトル!

テンポよくストーリーが進んでいきます。

あとは登場する能力が魅力的。主人公に与えられた能力は『相手が自分の能力をペラペラとしゃべりだす能力』で、今までありそうでなかったなーなんて思いました。

途中、ハイライトみたいになったのは少し残念でしたが、ラストはこの作品「らしい」というか綺麗な感じでまとまっていて良かったです。

ただひたすらバトルが好きって人にはおすすめ。

俺はどうやら拉致監禁されたみたいです

7000文字のみで綴られる物語。

そんな短い中でも「あっ!」と驚かされるというか、そうゆうことね!みたいな気持ちにさせられました。

そして読了後に残る爽やかな感じも良かったです。

異世界ゲート審査官の日常

魅力的な設定。

異世界から訪問してくる、色んな人?を審査するんですが、まあそのバリエーションが豊富。

ショートストーリー形式にして、一話一話で区切ることもできたと思うのですが、伏線だったり、のちに繋がる話(登場人物)もあったりして、ストーリーの組み立て方もレベルが高い。

冷静で動じない主人公が、「え、そんな感じで恋愛しちゃうの?」って意外な展開があったり、実は上司を○○な関係だったりと驚きもありました。

暗黒騎士斉藤くんの業務レポート

ストレス性変異脳症、通称「SME」と呼ばれる病気を発症することで異能の力が手に入る世界。

その名の通り、強いストレスを受けると発症する病気なので、必然的にそのストレスの原因も物語の一つのキーになっていて、ファンタジー要素がデメリットとして扱われているのが特徴的でした。

リーゼロッテと斉藤くんのコンビも良いです。

恋の追復曲シリーズ

超絶久しぶりに読み返しました。

やはり面白い。個人的ラブコメ元祖。

ちなみに美鈴ルートの遥か彼方が好きです。

Webマンガ

ひげを剃る。そして女子高生を拾う

よくよく振り返ると、今月読んだWebマンガはこの作品のみでした。

Web小説を読んだ流れでたどり着いた感じです。個人的に後輩ちゃんがいい感じに描かれてました。

最後に

まあ、正確には他にいくつかあるんですが、ガッツリ読んだのはこんなもんかと。

今後も読み続けて、感想やらまとめ記事を書いていきたいですね。

ぜひ皆さんの中で、こんな作品面白いよ~とか言うのありましたら教えてほしいです!

以上!!