良かったコンテンツ

2021年3月 良かったコンテンツ

一言で言うとエヴァの月。あと溜まりに溜まっていた未消化のアニメも結構見ました。

映画

シン・エヴァンリオン劇場版:||


ということで、まあ今月はこれでしょう。2回観た。とにかく最高すぎた。より詳しい感想は以下の記事にまとめ。渾身の約5,000文字。

【ネタバレ注意】『シン・エヴァンリオン劇場版:||』感想 15年経って観た最後のエヴァは

アニメ

呪術廻戦

ようやく鑑賞。やっぱ面白い。映画化も決まって、エヴァがついに終わったので、先の楽しみが減ってたとこだったので、ちょうど良かった。

 

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~

ついにアニメ化された、なろう代表作の一つ。
原作に忠実で丁寧に作られている印象。エリスがビジュアル含めトータル、イメージした通りになってて良かった。

転生したらスライムだった件

こちらもなろう代表作のアニメ化。
主人公スライムの人間化には、あんな経緯があったのか。

僕たちは勉強ができない

エヴァで頭使ったんで、深く考えず純粋に楽しめるラブコメが観たいってなって
見つけたのがこれ。文乃、リズ、うるか、あすみ先輩、桐須先生と個性豊かなヒロインが出てきて良かった。個人的には文乃と桐須先生が好き。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

1期~3期、外伝、ova、映画まで一気に観た。神様が地上に降りてきて、一緒に暮らしてるって設定が面白い。3のovaが4月、4期が2022年にやるとのことで楽しみ。

個人的には劇場版のオリオンの矢が素晴らしく良かったと思ってて、一万年分の恋をしようというセリフには泣いた。

 

マンガ

僕たちは勉強ができない

マンガ版も読んだ。それぞれifルートがあるのには賛否両論あるけど、個人的には最高だなー。

小説

いなくなれ、群青

2019年に横浜流星×飯島まりえで実写化もされてる。階段島シリーズ1作品目。すべてが分かったときの気持ちよさがいい。続編も読む。

本性/井岡瞬

久々のどす黒い作品。サトウミサキという謎の女に翻弄される男たちの話。ファンタジー作品だったり、ハッピーエンドな作品しか最近摂取してなかったので、この感覚は久々。

音楽

One Last Kiss/宇多田ヒカル

鬼リピートしてる。歌詞の一つ一つからエヴァ感が出てきて、これ以上の主題歌はない。一生を通して聴き続けたい。

宇多田ヒカル

放課後のリバティ/halca

僕たちは勉強ができないのエンディングテーマ。
「もうや・め・て」の歌詞とリズムにドハマりした。

Can now, Can now/Study

こちらは僕たちは勉強ができないのオープニングテーマ。
Studyは本作のヒロインを演じる声優によって結成されたユニット。初期メンバーは古橋文乃(白石晴香)、緒方理珠(富田美憂)、武元うるか(鈴代紗弓)の3人で、第2期から新たに桐須真冬(Lynn)と小美浪あすみ(朝日奈丸佳)が加わる。

シンプルに良い曲。3期でもやらない限り、新たな活動はないと思うけど、勿体ないなーと個人的には思う。

Web小説

察知されない最強職《ルール・ブレイカー》

久々読み返し&まだ途中まで。更新分早く追いつきたい。

スキルのある世界に転生。あらすじの通り1時間以内に対象を暗殺しないといけないので隠密スキルにポイント振りまくったことで、結果としてその後主人公ヒカルは誰にも察知されずに色々やる感じです。

鉱石令嬢~没落した悪役令嬢が炭鉱で一山当てるまでのお話~

こちらも久々。成り上がり×悪役令嬢×鉱山という唯一無二の作品。

以上。今月は豊作でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。