漫画

「木星少女流星群」ネタバレあり感想。SF、JK、武活にアイアンマン

web漫画感想記事25作品目。

マガポケで読めます「木星少女流星群」です。

ってかタイトルがセンスありすぎですよね。

木星に少女に流星群ですよ。

 

もちろん、タイトルだけでなく、中身も面白いです。

ちょっとネタバレありで感想書いていくんですけど、まあネタバレのネタは第一話のモノなんで、ささっと第一話だけ読んでいただけたら。

気にしない人はそのまま下へスクロール!

木星少女流星群 あらすじ

“氷の星”を、奪い取れ――!!血柱連なる“極凍”SFバトル!!20XX年、木星第二衛星・エウロパ。人類史上、初めてこの地に到達した日本軍は、この星の開拓を着々と進めていた。そんな中、日本軍に籍を置く少年・夏木啓也は、歴史に名を刻むという夢を抱きながら、作業に従事していた。ある日、エウロパに複数の隕石が落下し、夏木は仲間と共に調査へと向かうことに――――。

木星少女流星群 ネタバレ感想

主人公そっちかーいパターン

ってなわけで、はい。冒頭1話はこのパターン。

え、主人公そっちなの?ってやつ。

以前感想を書いた、神様ですげェむでもこのパターンだったんだけど、こっちの方が1話丸々使ってるし、まじでこの男の子が主人公で、それに対して少女たちが、なんか色々絡んでく感じかなーって思いましたね。

閑話休題 キャラ紹介

という事で感想の途中だけど、以下に紹介する彼女らがメインキャラ

前陣かすみ

ツインテ。ムードメーカー。
卓球で玉打って、ドーンって遠くから敵を攻撃する。
遠距離タイプ。

鬼堂なな

目つき鋭く気の強い空手の使い手。
近距離タイプ。

八佰尾はるか

気弱だけど、仲間思いで超絶不死身なコ

JK vs 日本軍 木星を巡って超絶激しいバトル!!

そんなわけで、のっけから度肝ぬかされたんですが、その後は日本軍とJKの
バトル、バトル。

日本軍はアイアンマンみたいなスーツきて、ゴリゴリ軍人がJKを倒しにくるんですが
それを「武活」と称してJKは返り討ちにしていきます。

その過程で、JKの正体が何なのか?ってことだったり、段々謎が明かされていって
シンプルに面白いですね。

壮大な宇宙の描写だったり、先ほど述べたアイアンマンみたいな宇宙服着た軍人が
登場したり、SF好きにはおすすめですよと。

単行本でも読めます。

木星少女流星群(1) (講談社コミックス)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA