AAA

【いつまでも待ってるぜ】AAAおすすめ曲30選

2020年12月31日をもって活動を休止したAAA。2010年頃から好きで、ファン歴10年以上の自分としては寂しい気持ちなんですが、いつかまた活動再開することを祈ってます。という事で集大成としておすすめ曲を30個まとめました。

総まとめ AAAおすすめ曲30選

1.MUSIC

ライブ定番曲で全体的に高音でぶん殴ってくるタイプの曲で盛り上がる事間違いなし。メンバー皆でわちゃわちゃしながら歌うのもお馴染みで仲の良さも感じれます。

にっしーの歌う「敵は物言わぬディスタンスだけだ」と「ゆくは冷めやらぬリクエストの嵐」の部分、のところがライブでのアレンジが多様すぎて、これだけでアルバム作れる。

2.ダイジナコト

言葉にならない永遠の
志しいつ誰か気づいて
世界のどこかの誰かの

歌詞の意味はさっぱり分からないんだけど、宇野ちゃん、千晃メインの男性陣ハモリという男女混合グループならではの歌声が最高に心地よい。ただただシンプルに良い曲。

3.Next Stage

聴いてると脳汁溢れ出るような激しいメロディ、ダンス、歌が特徴。この後に紹介するGAME OVERと同様にテンションワンランク上がって特にラップ→サビ→にっしーと秀太のハイタッチ→サビという一連の流れは最高すぎて脳の血管ブチ切れんじゃねーかってぐらい興奮する。

4.GAME OVER

聴いてると狂うレベルまでテンション突き抜けちゃうヤバい薬のような曲。ここでもにっしーの「今しかない」という歌詞というか半ば決めゼリフのようにカッコよく決めるシーンがあって、歌声だけでなく、パフォーマーとしての能力もずば抜けてるんだよなぁ〜

5.HORIZON

いまだにサビがどこなのか分からない。もはや全部サビな曲。「きらめくシーズンは流れて〜変わってきた自分はWho I am」の歌詞の意味の分からなさ好き。

6.逢いたい理由

小室哲哉が作曲したことでも話題になった曲で、随所に「あ、小室だな」って分かる。たしかこの曲をMステで歌ってたと思うのだが、もう何年前なのだろうか?

7.SAILING

AAAって曲の雰囲気に合わせてビジュアルをガラッと変えるんですけど、個人的にはこの曲のPVでの各メンバーのビジュアルが一番好き。

もちろんビジュアルだけでなく分かりやすいフリと、簡単に歌ってるようで、実はめちゃくちゃこの曲歌うの難しくて(カラオケで歌ってみると分かる)、サラッと華麗に歌い上げるのは控えめに言って凄すぎる。

8.circle

AAAの隠れた名曲の1つ。ちょっと何言ってるか分からないと思うけど「高級感」溢れるような、聴いてるとGOLDsymphonyのジャケ写のようなゴージャスなAAAが目に浮かぶ。大理石やダイヤが散りばめられた高級ホテルのエントランスで、フカフカなソファに浅く腰掛けながらカッコつけて聴きたい。

9.I4U

『劇場版 テニスの王子様 英国式庭球城決戦!』主題歌

とにかくサビでの皆のハモリが最高に気持ちいい。これまた高音まみれな曲で調子乗ってカラオケで歌おうとすると、喉にツイストサーブ打たれて死ぬ。

10.さよならの前に

君にさよなら告げるため僕らあんなに愛し合ったのかな

っていう歌詞が表す通りゴリゴリの別れの歌。
AAAは激しいダンスナンバーを歌ったと思いきや、こうゆう儚い曲も抜群の歌唱力と表現力で歌い上げてしまうという、改めてとんでもないグループだよな、と。

11.恋音と青空

AAAの名が世間に大きく広まるきっかけとなった曲。告白するか?しないか?迷ってる心情をこれでもかとストレートな表現で歌っていて、この曲を契機にAAAの人気にさらに火が付いた感じですね。

12.PARTY IT UP

激しい曲、熱い曲、盛り上がる曲。様々な雰囲気の曲を歌うAAAだけど「チャラさ」で言えばこの曲がトップ。PVではメンバー全員が黒い衣装に身を包み、鋭利な刃物よりも切れ味するどいキレッキレのダンスを見せたかと思いきや、随所にニヒルな笑顔を見せたり、こいつら全員それぞれ自分が所属する顔の系統ジャンルの頂点にいるってことが改めて分かる。

13.Still Love you

にっしー囲うように輪になってからの「止められないよ missin’you〜」って部分が印象深い。ふか~い海の底に落ちるような、曲名の「まだ君を愛してる」を表すかのような
メンヘラギリギリの危険なラブソング。

14.V.O.L

V.O.LはVoice Of Loveの略。普段はラップ担当の日高が普通に歌ってるのが聴ける貴重な曲。眩しすぎるくらいの「陽」で最高のheart beating!

15.SHOUT & SHAKE

各メンバーの色気が爆発してる。ライブにっしーの「いくぜ」はホント痺れるカッコ良さ。

16.Believe own way

誰に何、言われたって
怖くない強さを持って
誇らしく歩いていこう
心には君がいる

という歌詞が印象的で、それに負けないくらいAAAの歌声の力強さが特徴な曲。

17.WAY OF GLORY

7人体制、最後のアルバム表題曲。WAY OF GLORY = 栄光の道。これまでのAAA、そしてこれからの各メンバーを象徴するような曲でその壮大さに全て身を委ねたくなる。

18.出会いのチカラ

にっしー&宇野ちゃんのコンビで歌っているけどライブではメンバー変わる代わりに歌ったこともある。サビでの男メン→女メンと歌い合いながら、最後「出会いの力で〜」とハモる流れが好き。

19.drama

さらにたかうの曲をもう一つ。異次元に完成されたデュエットを見せつけてくるヤバ曲で、改めてこの2人の声の相性の良さは異常。

20.ALIVE

カップリングと見せかけ普通に表題曲張れる曲。身体に電流走るイントロから若干加工された各メンバーの歌声を堪能してからの、サビでの「悔やんでもいいさ 泣いてもいいさ そばにいるよ」という歌詞が胸に響く。

21.STEP

背中をそっと押してくれる応援ソング。不安な時に聴くと自然と前向きになれる精神安定剤的な役割も担える。

22.虹

作詞作曲はGReeeeN。イントロから醸し出るAAAの「集大成」感がよくて、これがAAAだ!って曲になってます。

23.Love@1st Sight

クセが強くて個人的には定期的に聴きたくなる曲。とりあえずワンナイトラブ(一夜の過ち)を男女それぞれの目線で歌ってるって解釈なんですけど、それで合ってるのかこれだけ聴いてるのにイマイチ自信ない。

24.風に薫る夏の記憶

数多くあるAAAの夏ソングの中でも、夏の終わりに必ず聴きたい、キングオブベストsummerソング。耳に入ってきた瞬間「あ、夏」って思うイントロに始まり、宇野&千晃の歌声加わって切なさ溢れる。からの秀太の「浴衣の君に~」で夏祭りの風景。と、どんどん情景が浮かんでくる。

25.Jamboree!!

「なんでもない日に乾杯しよう!」って歌詞が印象的なわちゃわちゃソング。仲良い奴らと大人数で集まってる時に聴きたい曲。

26.アシタノヒカリ

アニメ「ワールドトリガー」OPで作品の世界観とも絶妙すぎるくらいマッチしてる。

27.Sorry I…

AAA重たい歌詞シリーズ最終形態。ドキッとするようなイントロに始まり、各メンバーがこれでもかと感情を歌声に乗せて爆発させてて、ただ最強。

28.Metamorphose

『HEARTFUL』収録
どこかTRFを感じる曲。フレッシュさがあって、特に宇野ちゃんが全開。サビのほとんどで宇野ちゃんが登場して、宇野の連続。英語の歌詞を見事に歌い上げたと思ったら、ラップにも一部登場して、宇野無双状態。

29.Lil’ Infinity

曲の紹介としては「この地球上で、「君」に出逢えた奇跡と運命を歌った心温まるミディアムチューン」ってことになるんですが、最大規模と最小単位を同時に爽やかに歌い上げてるヤバさはほんとヤバい。

70億の命の中でAAAというグループに出会えたことに逆にこちらが土下座して感謝したい。

30.Thank you

世界の一番先よりも  宇宙の一番遠い夢よりも
地球の一番上よりも  僕らは一番君の傍にいる

季節の一番薫る場所  時代の一番熱い場所よりも
未来の一番果てよりも  僕らは一番君の横が好き

Lil’ Infinityよりもさらにでっけぇ規模と、そして「君」たしか3.11後にリリースされた曲だったんだよなー。

ライブでもラストの方で歌われることが多くて、聴いててシンプルに感動でした。

 

ということで、おわり。
いつか活動再開を祈って。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。