TrySail

あらためて原点に立ち返ったTrySailアルバム『TryAgain』全曲感想

2019年2月に発売されたTrySail3枚目のアルバム「TryAgain」の全収録曲について感想書きました。

TryAgain 全曲感想

TryAgain

アルバムのタイトルと同じ曲名で「跳躍」や「壁を超える」というコンセプトで付けられたTrySailらしい明るい曲になってます。と同時に原点に立ち返るという意味も込められていて、PVもただTrySailがわちゃわちゃ楽しくしていて、余計な装飾全部取っ払って、素のTrySailを感じれる曲。

WANTED GIRL

「タイムボカン 逆襲の三悪人」第2クールオープニングテーマ。

ノリの良いリズム・歌詞に加え、MVでは三者三様のドヤ顔が決まって、まさに風のように自由に舞ってる。曲名の通り大人な雰囲気のTrySailが見れるんだけど、ちょっとお茶目さも見え隠れしてて、色んな視点から何回も聴きたい曲ですね。

Truth.

テレビアニメ「BEATLESS」2クール目のオープニングテーマ

最高。WANTED GIRL同様「カッコいい」系の曲ではあるんだけど、こっちはよりクールにそれでいて歌詞は「キミにふれたい キミ守りたい」「キミが嘘つきだったとして世界丸ごと騙そうとしているなら ボクも世界を裏切ろう」など、情熱的飛び越えて、メンヘラをも飛び越えた激しい歌詞に震える。

個人的には本アルバム内でもっともお気に入りな曲。

believe

アルバムオリジナル曲。

High Free Spiritsを思い出させるようなストレートなロックナンバー。WANTED GIRL → Truth.→believeという曲順はこのアルバムの中で一番盛り上がる流れになってました。

ライブでも最高に盛り上がれる曲。

Take a step forward

アルバムオリジナル曲2つ目。

このアルバムに関するインタビューにて、インタビュアーの方がこの曲をソウル、R&Bテイストの曲であると言っていて、初めて「R&B」というジャンルの音楽があることを知りました。

「リアル・アンド・ブルース」の略らしくリズム、ビートに乗りながらブルースやゴスペルに影響された歌を、叫ぶように歌うのが特徴。ということなんだけど、別に叫んではいないけど、たしかに独特なリズムで歌うなーという印象で、今までのTrySailにはない楽曲になっています。

未来キュレーション

アルバムオリジナル曲3つ目。

可愛いの暴力。特に合いの手が良い。

インタビューにて本人たちも語ってますが、本アルバムにおける唯一の「かわいい」枠で、割とTrySailはこうゆう部類の曲は得意な印象。

CODING

カップリング曲のクセして一度聴くともう耳から離れなくなって、表題曲と同じくらいリピートしちゃう曲。未来キュレーションの次に来るので、その落差に驚く。次に続くSunsetカンフーと合わせてテンション1段階上げれる感じになってます。

Sunset カンフー

アルバムオリジナル曲4つ目。

TrySailのミュージックビデオ集発売企画で、ファン投票1位になって新規にPVが撮影されたという、ファンからの人気が高い曲。一聴で耳に残るキャッチーさに聴いてると思わず身体動かしてしまう。振り付けも拳法を意識したようなユニークなものになってます。

散歩道

バラードかつ明るい歌声なんだけど、ゴリゴリの「別れ」を歌った曲なんですよね。そう気づくと一つ一つの歌詞が色んな意味を持ってて、「少しの間 さよならしようか」や「またね この場所で」なんかも、いやこれもう絶対二度と合わないやつじゃん。みたいな、創造膨らませて聴いちゃう曲でした。

Make Me Happy?

クリスマスソング。冬には必ず聴きたい。

またね、

アルバムオリジナル曲5つ目。

この曲は特に3:23あたりからが良くて、歌詞もメロディも歌声もすべて染みる。

azure

劇場版アニメ「続・終物語」のエンディングテーマ

続・終物語とリンクするようなフレーズの数々が印象的。
Trysailの特徴として、3人がそれぞれ高音・中音・低音を得意としていて
その3人の声が合わさったハーモニーがきれいだなーと思っていて、azureがそれが特によく感じる。サビの「忘れない 忘れない」もそうだし、「青く 青く 澄み切っていく」なんかもそう。

 

以上です。素晴らしいアルバムでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA