心の声が漏れやすいメイドさん

素晴らしきメイド漫画『心の声が漏れやすいメイドさん1巻』感想

ぎんもくさんの描く『心の声が漏れやすいメイドさん1巻』のあらすじと感想を紹介していきます。

素晴らしいメイド漫画でした。

心の声が漏れやすいメイドさん1巻 あらすじ

正直なのは良いことです。たぶん。 両親の海外出張を機にやってきたメイドさんは、かわいいけれど隠しごとができない!? 澄んだ眼差しでうっかりとんでもないことを口にしたり……! 本音がポロポロな彼女との同居生活に、高2男子は翻弄されっぱなし!! twitterから連載化の著者・初コミックス。

心の声が漏れやすいメイドさん1巻 感想

しっかりとメイドものとしての王道抑えつつも、メイドのキャラ設定で変化球。面白く仕上げてきた作品でした。

王道としては、突然メイド、美人、巨乳ですかね。後は主人公にツンデレ幼馴染みがいたり、メイドも転校してきたり、もはやラブコメの王道を抑えてますね。

そして、タイトルの通り心の声が漏れてしまうメイドさん。そしてその声が結構ズバっと、正直な事を言ってしまうという。面白かったです。そんなメイドさんと主人公がやがて恋に落ちる、、とは今のところならなそう。ってか心の声漏れちゃうから、好きになった瞬間言っちゃいますよね。

どちらかと言えば、一軸さんのおかげで凪風と修次の関係が加速しそうなんだけど、これどうなるんだろ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA