Webマンガ

桃太郎のその後「ピーチボーイリバーサイド」【感想】

Web漫画感想8個目。

ピーチボーイリバーサイドです。

寝不足注意!!おすすめファンタジーWeb漫画を30個紹介でも紹介済みの作品でして、自分はマンガポケットとkindleで全巻購入して読んでしまいました。

超絶おすすめな作品ですので紹介していきます。

ピーチボーイリバーサイド あらすじ

外の世界に憧れを抱く姫・サルトリーヌは、旅人・ミコトに外の世界へ連れ出してほしいと願う。そんな時、強大な力を持つ“鬼”と呼ばれるものたちが城に攻め入ってきて、平和だった国が一変してしまう…! まだ自分の運命を知らない姫と、“桃”の衝動に付き従う少年。二人が出会うとき、壮大な冒険の扉が開く!!

ピーチボーイリバーサイド 感想

まさに桃太郎の続編

ざっと言うなら「桃太郎の続編」と言ったところでしょうか?

こんな感じ。まさかの桃太郎、日本を飛び出し海外まで鬼を追いかけてきました。みたいな感じです。

そしてさらに「おっ!」と思ったのが、

この設定ね。桃が他にもあったら?っていう、このアイディアはすごいいいな!と思いました。たしかに外国にも流れ着いていてもおかしくないですもんね。

不意に垣間見せる狂気の顔面

んで上のいくつかの絵を見て、気づいた人もいるかと思うんですが

主人公たちの不意に見せる狂気の顔面

がやばいです。

これが物語で最初に見せたミコトの狂気の顔

いや、このシーンになるまでは爽やかでいい感じの冒頭だったんですよ。

主人公とミコトが偶然出会って、これから物語が始まってくんだなーと。そしたら不意にこのカットが来て、いい意味で「この作品、ヤバいな」と思っちゃいましたね。

童話×魔法×壮大な冒険、本格ファンタジー

というわけで、まさかの桃太郎をベースにした作品で、強大な鬼とのバトルや魔法・冒険と本格ファンタジー作品となっています。

まだまだ明かされていない謎も多いですし、鬼側の思惑も上手く見えてこない感じで今後の展開が楽しみです。

主人公の仲間たちも個性的で、この世界では差別を受ける亜人という種族の仲間や鬼としての力を奪われた者など、そこらへんも桃太郎をベースにした作品っぽい。

まだまだ作品も序盤で、今後の展開に注目していきたいです。

以上!!