スパイ教室

世界最強の騙しあい『スパイ教室』全巻あらすじまとめ【ネタバレ注意】

第32回ファンタジア大賞「大賞」受賞。富士見ファンタジア文庫(KADOKAWA)より刊行されている『スパイ教室』の全巻あらすじを紹介していきます。

『スパイ教室』全巻あらすじまとめ

スパイ教室01 《花園》のリリィ

各国がスパイによる戦争を繰り広げる世界。任務成功率100%、性格に難ありの凄腕スパイ・クラウスは、死亡率九割を超える不可能任務専門機関を創設するのだが……選ばれたのは何故か未熟な7人の少女たちで!?

スパイ教室02 《愛娘》のグレーテ

不可能任務を見事達成した新生スパイチーム『灯』。次のミッションは冷酷無惨の暗殺者《屍》の殺害。より過酷な任務に、クラウスは現時点における『灯』最強メンバーを選抜することになり――。

スパイ教室03 《忘我》のアネット

暗殺者《屍》の任務後、選抜組の少女たちが出会ったのは、記憶喪失で出自不明の少女――アネットの母。感動の再会に盛り上がる一同だが、それはチームを分断する残酷な運命のはじまりだった。

スパイ教室04 《夢語》のティア

宿敵である謎のスパイチーム『蛇』の尻尾を掴んだクラウスは、その正体を暴くため敵の潜伏場所へ『灯』全員で向かう。しかし一同に待ち受けていたのは、恐怖渦巻く戦場に、想像を絶する強大な悪だった……。

スパイ教室05 《愚人》のエルナ

「寄越せ――お前たちのボスを」全スパイ養成学校のトップ6で編成された機関―鳳―はボス不在という問題を抱えていた。そこで目をつけたのは凄腕のスパイ、クラウスだった。チーム―灯―に崩壊の危機が訪れる――!

スパイ教室06 《百鬼》のジビア

死亡率九割を超える”不可能任務”に挑む機関―灯―は、尊敬する同胞たちの死の手がかりを求め、同盟関係である工業国・フェンド連邦に潜入する。
しかし、調査に奔走するジビアの前に鉄壁の防諜機関―ベリアス―のボスが立ちはだかる。
『我々に一方的に奉仕する――呑める条件は、それだけです』
”スパイの世界には、協力はあれど友好はない”皇太子暗殺未遂犯を捕えるため、ティアを人質に『灯』は利用されてしまう。
 陰謀と混沌渦巻く中、誰よりも優しい少女は立ち上がる。
『覚悟は決まった――奪われた復讐をするたるために』
少女たちは止まらない。同胞の死を胸に『灯』が暴れ始める。

スパイ教室07 《氷刃》のモニカ

「この世界を壊していけばいいんだろう? ――汚れて醜い裏切り者として」 モニカの背反により半壊した『灯』は、真相を求めてフェンド連邦を駆ける。 これは窮地に追いやられた少女が、世界を敵に回す物語――。

スパイ教室 短編集

スパイ教室 短編集01 花嫁ロワイヤル

「――僕は『灯』の誰かと結婚している」クラウスから告げられた衝撃の一言。そして婚約者は謎のまま『灯』メンバーで花嫁を巡る戦いが勃発する…!? 本編では描かれない、少女たちの日常を目撃せよ!

スパイ教室 短編集02 私を愛したスパイ先生

「クラウスは、アナタを愛している」紅炉がティアに残した遺言を発端に、『灯』メンバー内でのドタバタで壮絶な探り合いが始まる…!? 珠玉の短編集、第2弾!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA