Web小説

固有術技(オリジナルスキル)が面白い『勇者召喚が似合わない僕らのクラス』感想

久々読み返し。カクヨムで読めます『勇者召喚が似合わない僕らのクラス』です。

勇者召喚が似合わない僕らのクラス あらすじ

「チート? レベルを上げてステータスを上げろ? それ、僕に対する嫌味ですか?」
「真正面から戦えって? あはは、無茶言わないでよ。使えるものはとことん使うに決まってるじゃない」

 そんな主人公――高槻 悠――の物語が、ここに開幕する――――。

勇者召喚が似合わない僕らのクラス 感想

面白い。主人公たちのものの見方。話の展開の仕方。タイトルがまるっきり作品の内容を表していました。章をまたぐ毎にストーリーが斜め上方向に展開。一体、この物語は何処に行きつくのか。そして固有術技(オリジナルスキル)というありきたりだけど物語内での立ち位置、考え方がいい。

その中で主人公 悠のスキル「スルー」で魔物までスルーするっていうのも面白い。
「隠密」っぽいスキルだけど、このスルーは汎用性高め。これを駆使してクラスメイトを助けに行くシーンはよかった。

それであとは、この作品タイトルのようにクラスメイトと異世界転生なんだけど、そのクラスメイトに嫌な奴があんまいないんですよ。赤崎とかね。

とまあ、久々読み返して相変わらずの面白さだったんだけど、最終更新が2018年なんで、これ以上はちょっと望み薄いかなと。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA