ライトノベル

獅子の娘の願いを描く『現実主義勇者の王国再建記Ⅻ』感想

今は影でソーマを献身的に支えている獅子。その娘が初登場する『現実主義勇者の王国再建記Ⅻ』の感想書いていきます。

現実主義勇者の王国再建記Ⅻ あらすじ

傭兵国家ゼムから『大武術大会』への招待状を受け取ったソーマ。その大会は優勝者に「願いを叶える権利」が与えられるゼムの一大イベントであった。ソーマは国交が途絶えたゼムの招待に応じない構えであったが、元王国陸軍大将ゲオルグの娘が大会に参加すると報告が上がり!?
かつて王国の内乱で反逆者として処分されたゲオルグ。その娘が優勝して復讐を願えばゼムを率いて王国に戦争を仕掛ける可能性もある。彼女の真意を探るべくソーマはゼムへ赴くが、彼女に接触したゼム王もその思惑をはかりかねており……!? 革新的な異世界内政ファンタジー、第12巻!

現実主義勇者の王国再建記Ⅻ 感想

読みながら「いつ来る?いつ来る?…ついにきたー」って感じでした。ベタといえば超ベタな展開ではあるけど最高でした。主人公が戦闘をあまりしない、したとしても人形を使う感じなんで、その分周りのキャラの戦闘シーンで魅せなきゃいけないんですよね。良かったです。2人の戦いもとい親子喧嘩。

そして、それでゼム編は終わりじゃなく、もうひと捻り加えてくるあたりが流石。他にもミオとまさかのコルベールの関係にも一気に進展あって、割とこの巻だけで彼女に関しては一気に描き切ってしまった印象。もう当分出番はないのかな?

それとふと思ったんだけど、カゲトラって普段どうやって生活してるんですかね?あの風貌は目立つし、顔は知れ渡ってるから外も気軽に出歩けないし。王城に引きこもってる感じですかね。

とはいえ、一個内乱関連で残っていた問題は片付いて、次巻こそは色々大きく動きそうな予感。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA