ライトノベル

大怪獣バトル『現実主義勇者の王国再建記XIII』感想

九頭龍諸島に出現した大怪獣討伐を描く『現実主義勇者の王国再建記XIII』の感想書いていきます。

現実主義勇者の王国再建記XIII あらすじ

敵対国家・九頭龍諸島連合ヘフリードニア王国艦隊の派遣を決定したソーマ。故国を救うべく身を捧げた九頭龍諸島の姫シャボンを味方に付けたソーマは、彼女の手引きで王国艦隊の到着前に島へと潜入する。―目下の問題は諸島連合艦隊よりも、近海に出没する謎の巨大生物。そう睨んだソーマは敵国内で巨大不明生物の情報収集にあたる。かくして判明したその実体は常識を逸脱した怪物で…!?敵国艦隊と巨大生物、迫る二つの脅威にソーマが講じた策略とは!?革新的な異世界内政ファンタジー、第13巻!

現実主義勇者の王国再建記XIII 感想

まさかの1巻から積み重ねてきた伏線を回収。
追加武装の『火薬発射式パイルドライバー』を突き刺した時は読んでて笑ってしまった。

なんで追加装備にしなきゃいけないか?の理由もしっかりしていてなるほど!と思ってしまった。こうゆう細かいところのディテールもいい感じなんすよね。

ということで、西の帝国とも友好的だし、東も今回のことで解決。残るは北方面。そしてそこで活躍する男フウガ。

次巻以降は多分フウガとの絡みもより多くなりそうだし、それも終わったら魔王領なんでどうなんですかね。多分20巻ぐらいで完結しそう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA