ライトノベル

戦後処理回『現実主義勇者の王国再建記Ⅲ』感想

ソーマ達がアミドニア公国のヴァンを占領した後からスタート。プロジェクト・ローレライなど娯楽を与えてアミドニア民の憎しみを飼い慣らす政策を行ったり、帝国と交渉したり、合間にトモエとジュナさんとデートもしている、現実主義勇者の王国再建記Ⅲの感想を書いていきます。

現実主義勇者の王国再建記Ⅲ あらすじ

アミドニア公国への『征伐』を果たし、一連の戦後処理に入った暫定国王のソーマは、次なる一手である『プロジェクト・ローレライ』を始動させる。それは玉音放送を使用した娯楽番組。国民を楽しませるだけに思えたその番組は、占領下にあるアミドニア公国首都『ヴァン』でも放送されていた。放送を行ったソーマの真意とは…!?さらにジュナとトモエと共にヴァンで休暇を取ったソーマは、グラン・ケイオス帝国女皇の妹ジャンヌ・ユーフォリアと遭遇し―。理想を掲げた聖女を支える『現実的』なジャンヌに、ソーマはどのような“交渉”を持ちかけるのか…!?革新的な異世界内政ファンタジー、第3巻!

現実主義勇者の王国再建記Ⅲ 感想

ざっくりした感想としては、1、2巻を経て読みやすくなったというか、サクサク読めました。おそらくソーマ達の世界観に慣れたというか、状況も分かってきたからかと。なんだかんだ三公とか禁軍とか色々用語出てきたし、ソーマとハクヤがどんな政策をしてきたのか見えづらかったですしね。それも3巻で大体分かりました。

内乱後の処理も上手くまとめた印象。バルガスとカルラの処遇や、ゲオルグについてなどですね。

まあ、都合の良いと言えばそうだし君主論を持ち出してあれこれ語る部分には賛否両論ありそうだけど、個人的にはそこまで気にならなかったですね。とまあ、内乱のゴタゴタはひとまず終わり。次巻以降は国内のさらなる整備と、またアミドニア公国関連で色々ありそう。

ってか後ふと思ったんだが、ハクヤとジャンヌがくっつくよな

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA