ライトノベル

リーシアの決意を感じる『マンガ版 現実主義勇者の王国再建記III』感想

いよいよ三公との内乱やアミドニア公国との戦争が始まる『マンガ版 現実主義勇者の王国再建記Ⅲ』の感想を書いていきます。

マンガ版 現実主義勇者の王国再建記III あらすじ

若き国王ソーマが推し進める改革により国内の民が恩恵を受ける一方、既得権益を持つ貴族たちの不満が限界を超えつつあった。

隣国のアミドニアも不穏な動きを見せる中、秘密裏に開催された“三公”との会談は物別れに終わる。
戦いが不可避な状況にソーマは遂に決断する!!

「さあ、征伐を始めよう――」

内戦が勃発し、各陣営の思惑が激しく交錯する異世界本格内政ファンタジー第三幕!

マンガ版 現実主義勇者の王国再建記III 感想

まずリーシアが良かったですね。リーシアの魅力が詰まりに詰まっていて、例えばⅢ巻の見どころの1つとして、三公との会談があって、そこでリーシアが最後にカーマイン公への決意として、自らの髪を切り落とすって名場面があるんですがこれがまあ素晴らしく描けてました。

他にもソーマに戦のレッスンをしてるシーンや、その流れでソーマの隣を歩いていく事を改めて決意するのも良き。Ⅰ、Ⅱ巻を通してソーマと出会って触れ合ってきた中での彼女のソーマに対する気持ちがこのⅢ巻で確固たるものになったと思います。

そして、本格的に三公との対決とアミドニアの進軍がスタート。一夜城やエクセルを使った作戦など、ほぼ原作通りの流れ。もちろん原作の方でも描写は十分わかっていたけど、しっかりと絵になるというのは分かりやすくていいですよね。そして相変わらずの絵のクオリティの高さでした。

書き下ろし小説「貴女が輝く場所」はジュナさんの話。こちらも中々良かったですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA