心の声が漏れやすいメイドさん

ToLoveる化した『心の声が漏れやすいメイドさん2』感想

1巻ラストで登場した秋葉さんと、新たに真白さんというメイドが登場。

COMIC FUZ(芳文社)にて連載中、ぎんもくさんの『心の声が漏れやすいメイドさん2』のあらすじ感想書いていきます。

心の声が漏れやすいメイドさん2 あらすじ

クール可愛いメイドさん。(本音)ポロリもたっぷり! 考えていることがダダ漏れのメイド・烏目さん。彼女を追ってやってきたのは百合メイドに不運メイド!? まさかみんなこのまま住み着くわけじゃないよね? 平凡だったはずの高校生・陽空修次の生活にさらなる嵐が訪れる第2巻!

心の声が漏れやすいメイドさん2 感想

秋葉さんは一柚大好きでキャラ濃いけど、真白さんは普通の人そう、、って思ったら全然違ったw

なんなら真白さんが一番やばいかもしれん。実際に被害受けてるし。

さらに駒田真という健次の親友で生徒会長の男も登場。こいつも中々な性格してました。

ということで、2巻はそんな新メイド2人と友人1人の出番も多かったんですが、きちんと一柚とナギも活躍してるのでご心配なく。また濃いキャラ出てきたので、余計にナギが不遇な負けヒロインになりそうなんですが、なんとかそこは頑張ってほしいところ。

修次がファーストキスがまだだって知って、嬉しくなっちゃう可愛いヒロインなんすよ。ほんと報われてほしい。当ブログではナギを推していきます。

そして、本巻ではなんと修次のラッキースケベが連発するシーンが。まじでToLoueるって感じでした。

ということで、新キャラの出番多めだったんですが彼ら彼女らの出番は今後どんだけあるんですかね?そこら辺のバランスも気になるところ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA