Web小説

【やっぱ面白い】なろう系代表作をまとめ【定番をおさらいしよう】

近年めちゃくちゃ流行っている小説家になろうの作品、いわゆる「なろう系」ですが、その中でも代表的な作品をまとめてみました。

皆さん知っているあの作品や、え、この作品も小説家になろうだったの?みたいな作品まで紹介していきます。

なろう系代表作まとめ

無職転生 異世界行ったら本気だす

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

長年なろう累計ランキングで1位に君臨していた小説家になろうの「顔」とも言える作品の一つ。

ストーリーとしても王道の異世界転生モノで、無職でデブのニートがトラックにはねられ転生。ルーデウスとして異世界でやり直しを誓うという内容。さらにハーレムモノであり、ロリ属性でルーデウスの最初の師匠であるロキシーや我らの脳内に王道として染み付いているツンデレタイプのヒロインエリス。幼馴染の超絶美人シルフィなど多彩なヒロインが登場するのも魅力の一つ。

そして圧巻なのは壮大なストーリー展開。物語序盤に大きなターニングポイントを迎え、そこから大陸を横断するような壮大な冒険や学園編。そして真の敵との長きに渡る戦いなど一度読み始めたらページをめくる手が止まらない、そんなルーデウスの異世界での生涯が詰まっている作品です。

Re:ゼロから始める異世界生活

突如、コンビニ帰りに異世界へ召喚されたひきこもり学生の菜月昴。知識も技術も武力もコミュ能力もない、ないない尽くしの凡人が、チートボーナスを与えられることもなく放り込まれた異世界で必死こいて生き抜く。彼に与えられたたった一個の祝福は、『死んだら巻き戻ります』という痛みを伴う『死に戻り』のみ! 頼れるもののいない異世界で、いったい彼は何度死に、なにを掴み取るのか。

なろう系に加え、個人的には死に戻り系の代表作でもある作品。

これでもかというほど主人公スバルを追い詰めていき、それでもなお何度も立ち向かっていくストーリーもさることながらエミリアやレムなど超絶最高なヒロインやペテルギウスロマネコンティなど一発で頭に残る強烈なキャラも数多く登場する点が魅力。

アニメとしても1期、2期が放送、映画化もされ、そういった意味でも今後楽しみな作品です。

盾の勇者の成り上がり

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。他者を信じられなくなった尚文が取った行動は…

他の勇者たちよりも不遇な扱いを受ける盾の勇者ということで、中々に胸糞悪い展開多めですが、次元の亀裂から魔物が大量に湧き出す”波”から世界を守るという設定や、武器を鍛えるために供を連れて旅をしたり、きっちり「ざまぁ」な展開になるのが良い。

とりあえずラフタリア最高。

転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!
え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。
出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?
そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。

異世界モノは数多かれど「スライムになってしまった」などの人外の生物になってしまった系はこの作品連載当時はまだそんなに多くなくて、この作品を機に流行っていったイメージ。

シンプルにスライムになってしまった主人公リムルは最強なのと、町おこし系の要素があったりシリアスとコメディシーンのギャップが面白いんですよね。

魔法科高校の劣等生

魔法が現実の技術となって、一世紀 ──。 新入生の季節。この 『魔法科高校』 にも、一組の血の繋がった兄妹が入学した。 兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。 妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。 どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。

実はこの作品も小説家になろうにて、昔連載されていた作品。

言わずもがな、最強なんだけれど学園の入試システム上劣等生のとなってしまう「お兄様」の波乱の日々を描く作品。本作は完結となりましたが、妹の美雪目線で描く「魔法科高校の優等生」や続編の『続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー』や達也たちが卒業した魔法科高校を描く『新・魔法科高校の劣等生 キグナスの乙女たち』などなど、今後も目が離せない作品になってます。

この素晴らしい世界に祝福を!

ゲームを愛する佐藤和真は女神を道連れに異世界転生。大冒険が始まる……と思いきや、衣食住を得るための労働が始まる。「安定」を手にしたい和真だが、女神が次々問題を起こし、ついには魔王軍に目をつけられ!?

カズマ、アクア、めぐみん、ダクネスを中心に織りなすドタバタ劇が魅力で、なろう系の中で異世界コメディモノといったら個人的にはこれを推す。

まあ魅力的な点は多くあるんだけど、従来の異世界モノのお約束である、魔法や剣の世界のある世界での冒険劇と見せかけつつ、主人公カズマは何の特別な能力も得られず、巻き添えにした女神は「ポンコツ」で使えない。他にも集まってくる仲間は特大魔術を1発しか使えない中二病魔術師や、敵に攻撃を当てることができないドM変態クルセイダーなど、設定と状況の落差を面白おかしく描いてる点が一つあるでしょうか。

アニメに関しても、演じてる声優さん達すべてが「ハマってるな」って印象で、だからこそ映画化までされたのだと思います。

最後に

以上、ここまでなろう系の代表作を紹介してきました。

やはり近年爆発的な人気となってきているジャンルの作品たちなので、どれも面白いですし、今後もどんどん人気作が生まれてくるだろうと思います。

随時追加していきますので、また読んでいただければと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA