Nissy

Nissy3.0『Get You Back/Nissy』感想

Nissyの約1年2ヶ月ぶりの新曲「Get You Back』聴いたんですが全く新しいNissyが観れてNissy3.0でした。ほんと異次元のカッコ良さ。

まずは何と言っても一新したビジュアル。これまでは基本黒だったり茶色いカラーが多かった髪色がまさかの金髪。似合いすぎててヤバってなりました。そして髪型も、なんのクセのないストレートヘアで今までしてた髪型とはちょっと違う。2020年をもってAAAが活動休止。本格的にソロとして新たなスタートを切ったNissyの新しい姿がそこにはあった。

そして肝心の曲、PVがすごすぎる。ゴリゴリに作り込まれた世界観に目を通して脳が、身体が、ガンガンに引き込まれる。ダークな空間で総勢20名近いダンサーとの圧巻のダンスシーンに加え、巨大な球体の前で叫ぶシーン、そして今までのNissy2.0なビジュアル、白のキャップ、白のパーカーを着たシーンもあってギャップを演出してる。作品に対する作り込みの密度が3密どころじゃない。

さらにビジュアル、ゾンビダンスに加えこのPVの特徴の1つであるCGのような特殊な演出。我々の心をつかむ、Nissy独特のあの身体の動きに合わせて残像のような演出が出たりして「あ、この人アーティストとして、異次元の次元(レベル)に行ったわ」ってなった。個人的には、1:00~1:09の流れなんか刺さるし、最後の1:09の表情なんか色気が爆発してる。他にも1:45や2:04、2:36(これも表情がいい)なんかが深く刺さりすぎて、一瞬一瞬、隅々までNissyを味わっていた。

さらにさらに1 TAKE DANCE ver.

それとこの記事書いてる段階ではまだ公開されてないけどDANCE VIDEO ”Studio”ver.まで。あまりにも多すぎる情報量に頭が完全にショートしたのと同時に、え、ほんとに無料でいいの?どこか、どこかで課金をさせてくれ、、ってなった。

1 TAKE DANCE ver.では本PVにおいて長くても1カット20秒ぐらいしかなく、ところどころでしか感じれなかったゾンビダンスを濃厚に味わえる。0:19や1:00のちょっとした手の振りなんかユーモアあってNissyっぽい。振り付けを担当したカズキさんという方のYouTubeの動画でも語られていたが、とにかくダンスシーンに対する気合の入れようを感じる。と同時にこれ多分ライブで、多少被せを入れるにしてもその怪物クラスの歌唱力でさらっと歌い上げてる絵が浮かんだ。ライブでやる場合演出込みでそこら辺も楽しみである。

今回、YouTubeのコメント欄を見て驚いたのは予想以上に海外の人からのコメントが多かったこと。AAAでアジアツアーをやったこともあって知名度もあるのは知ってたけど、それにしてもすさまじい数だった。楽曲やビジュアルも明らかに海外を意識しているのが分かるし、おそらくは海外進出も今後あるかもしれないのかなーと。そうなったときにさらにどんな進化を遂げるのかワクワクするし、けどライブMCでは、AAAの時のように舞台の端から端まで「スライディング、スライディング」って言いながら走り回ってほしいし、音楽番組では「岩崎宏美の顔マネをしているコロッケのモノマネ」をやってスタジオを爆笑の嵐にしてほしい。そうゆう素の時のユーモアさは変わらず、ステージ上ではまた一段と磨きのかかったパフォーマンスを魅せて、そのギャップで頭クラクラさせてNissyもといNsyというエンタメを味わい尽くしたいと思う。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。