Web小説

なろうSF最高傑作『リビルドワールド』感想

今更ながら個人的になろうSF最高傑作だと思ってる『リビルドワールド』の感想書いていきます。

リビルドワールド あらすじ

命賭けで足を踏み入れた旧世界の遺跡で、少年は全裸でたたずむ奇妙な美女と出会った。 スラム街から這い上がるためにハンターとなった少年の名はアキラ。アキラにしか見えない非現実的な美貌と、誰にも触れられない魅惑的な肉体を持つ、得体の知れない美女の名はアルファ。アルファは真意など欠片も見せない微笑みでアキラに依頼を持ちかけて、アキラはハンターとして成り上がるためにその依頼を引き受けた。2人の契約が成立したその時から、アキラとアルファの数奇なハンター稼業が始まった。科学文明崩壊後再構築世界少年ハンターと奇妙な美女の東部ハンター稼業録

リビルドワールド 感想

まあシンプルに面白いっすわやっぱ。

んで、色々面白い要素たくさんあるけど個人的にはアキラの成長なんすよね。

アルファのサポートがあってこその自分ってのを重々理解してて、いわゆる察してるキャラで読んでいてあまりストレスなかった。序盤の意思とやる気と覚悟担当のセリフも良かったし、SF作品としての世界観以上にそうしたキャラの作り込みが見事。

コミカライズもしてるし、中々に人気っぽいので、アニメ化もしそうな予感。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA