ストライク・ザ・ブラッド

『ストライク・ザ・ブラッド14 黄金の日々』 感想 タイトルの意味が結局分からなかったな

アニメOVAⅢ4、5、6話に当たる内容。『ストライク・ザ・ブラッド14 黄金の日々』のあらすじ、感想書いていきます。

ストライク・ザ・ブラッド14 黄金の日々 あらすじ

『タルタロスの薔薇』事件で絃神島を救った浅葱は、絃神島復興のシンボルとしてローカルアイドル活動をやらされる羽目になる。だがそれは浅葱を幽閉した事実を隠蔽するための、人工島管理公社の謀略だった。それを知った古城と雪菜は、浅葱を救出するためにキーストーンゲート第零層へと潜入する。しかし度重なる戦闘によって、そのとき雪菜の身体にはある異変が起きていた。 絃神島に秘められた“聖殲”の真実と、雪霞狼に隠された秘密。そして雪菜の決断とは―― 世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第十四弾!

ストライク・ザ・ブラッド14 黄金の日々 感想

ほぼアニメ通りの内容。なので、感想はぶっちゃけそんなないんだけど、タイトルの「黄金の日々」の意味が結局分からなかったなーと。

思ったのが、雪菜が血の従者のなりかけっぽい感じになって、古城と長い時を過ごすことになるので、それを表したのか?とか浅葱が電脳世界で自由自在に生活してたので、それのことかな?なんて思ったんだけど、それは流石にないか。

あとカインの巫女とか聖殲とかカインズコフィンとか色々単語出てきて、その意味なんかも明らかになったわけだけど、やっぱ一回サラッと読んだだけじゃ理解できないっすね、これ。

ここら辺から若干話も深くなってくる印象なんですよね。とはいえ、例えばエヴァみたいにまじ分からんぐらい複雑ではないんですが。そこら辺のバランスの良さもいいっすね。

また本記事執筆時、角川文庫・ラノベ読み放題ではストライク・ザ・ブラッド1巻~19巻が読み放題となっております。

月額836円(税込み)で利用できますので、検討してみてはいかがでしょうか?

角川文庫・ラノベ読み放題の登録はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA