ライトノベル

戦闘シーンが素晴らしい『マンガ版 現実主義勇者の王国再建記Ⅴ』感想

内乱に乗じて攻めてきたアミドニア公国に対して、逆にソーマたちが宣戦布告。激しいバトルがメインの『マンガ版 現実主義勇者の王国再建記Ⅴ』の感想書いていきます。

マンガ版 現実主義勇者の王国再建記Ⅴ あらすじ

カーマインとの内戦に決着を付けたソーマは間髪入れず、混乱に乗じ攻め込んできたアミドニア公国への反撃を開始する。

一計を講じてアミドニア軍を疲弊させ勝利は確実となったが、死兵と化した国王ガイウス八世の決死の刃がソーマの喉元に迫ろうとしていた――!!

「貴様を倒し王国を滅ぼしてくれん!!」

非情なる戦場で新たなる決意を胸に立ち向かう異世界本格内政ファンタジー第五幕!

マンガ版 現実主義勇者の王国再建記Ⅴ 感想

原作で言う所の2巻の後半部分にあたる内容。

まず思ったのが、戦闘シーンが良かった。原作だと、各々の戦場描いていて、イメージが大変だったんだけど、やっぱ絵としてあるとスッと頭に入ってきて分かりやすいよなー。

各々の装備も細かく書かれていて凄いこだわりを感じます。

そしてソーマ、カルラ VS ガイウス8世のバトル。
ソーマ結構危ない感じだったんだな、と。ムサシ坊やくんの装備も面白い。

とりあえず5巻で原作約2巻消化か、、
大分道のりは長いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA