ストライク・ザ・ブラッド

『ストライク・ザ・ブラッド15 真祖大戦』感想 ストブラの魅力が最大に詰まってる

アニメOVAⅢ7、8、9,10話に当たる内容。『ストライク・ザ・ブラッド14 黄金の日々』のあらすじ、感想書いていきます。

ストライク・ザ・ブラッド15 真祖大戦 あらすじ

バレンタインデー直前、雪菜たちの買い物につき合わされていた古城は、藍羽浅葱が“戦王領域”の吸血鬼、トビアス・ジャガンと一緒にいる場面を目撃してしまう。まさかの浅葱の心変わりに、古城たちは動揺を隠せない。しかし彼女の真意を確かめる暇もなく、古城は龍族の娘グレンダを賭けて、“戦王領域”の吸血鬼ヴェレシュ・アラダールと決闘する羽目になる。膨大な戦闘経験を誇るアラダールに圧倒され、絶体絶命の危機を迎える古城。そのころ、三人の真祖たちを擁する超国家組織、聖域条約機構は、禁呪“聖殲”の祭壇である絃神島の破壊を決定していた。一方、“聖殲”の叡智を手に入れたディミトリエ・ヴァトラーは、グレンダを利用して咎神カインの“遺産”を召喚。真祖たちとの全面戦争を引き起こそうと画策する。聖域条約機構軍の多国籍艦隊によって、包囲されていく絃神島。攻撃開始までの猶予はわずか十二時間。果たして第四真祖・暁古城は、世界を二分する巨大な戦争から絃神島を救うことができるのか――?

ストライク・ザ・ブラッド15 真祖大戦 感想

まさかの10巻でメインを張ったセレスタ・シアーテが再登場。
感想に書いたフラグ回収。

今巻に関しては、個人的にストブラの魅力が最大限詰まった話だと思っていて、古城がヴェレシュ・アラダールと戦う中で、とある事に気付いてめっちゃ成長するって流れとか、あとは各ヒロインズがいいんですよね。

特に良いのが浅葱なんですけど、彼女の古城の為に考えてとった行動とか、まさかの雪菜vs浅葱になった際の、彼女たちの言い合いとか最高に良きでした。

ってか結瞳も結構重要な役割果たしてたんですね。たしかアニメでは出番なかった気がする。

ということでストブラ第一章はこれにて完らしい。個人的にもここからアニメの方も未視聴なんで楽しみです。

また本記事執筆時、角川文庫・ラノベ読み放題ではストライク・ザ・ブラッド1巻~19巻が読み放題となっております。

月額836円(税込み)で利用できますので、検討してみてはいかがでしょうか?

角川文庫・ラノベ読み放題の登録はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA