ストライク・ザ・ブラッド

『ストライク・ザ・ブラット16 陽炎の聖騎士』感想 新ヒロインカス子登場!

ストブラ第二章突入、新ヒロインのカス子が登場した『ストライク・ザ・ブラット16 陽炎の聖騎士』のあらすじと感想になります。

※ネタバレ要素含んでますので注意

ストライク・ザ・ブラット16 陽炎の聖騎士 あらすじ

瀕死の姿で、極東の「魔族特区」恩莱島の浜辺に流れ着いた少年、暁古城。記憶喪失の彼を迎えに来た修女騎士の少女、香菅谷雫梨は、古城の正体が世界最強の吸血鬼「第四真祖」であり、自分はその監視者だと告げる。そして古城は、吸血鬼の能力をほとんど使えない不完全な状態のまま、恩莱島内の攻魔師養成機関「攻魔高専」に編入することに。攻魔師としての過酷な修行を強要されつつも、全寮制の攻魔高専で、雫梨やチームの仲間たちとともに平穏な日々を送る古城。そんなある日、古城と雫梨は、恩莱島の地下迷宮に棲息する怪物「破獣」と、攻魔高専の敷地内で遭遇する。窮地の古城たちを救ったのは、生徒たちの間で存在を噂されていた、黒髪の幽霊の少女だった。銀色の槍で破獣を倒した幽霊の少女が、声にならない言葉を紡ぐ。ヨウヤク、見ツケタ……先輩――と。

ストライク・ザ・ブラット16 陽炎の聖騎士 感想

遂に全貌が明らかになった新ヒロイン。いいキャラで良き

ということで、本巻は何と言っても新ヒロインカス子が初登場。

まじで物語的にも急展開で、カス子もいきなりの登場だったんで、びっくりしました。

これアニメとかの情報で、ある程度知ってたから、すんなりイメージできたとはいえ、原作先行で読んでたらもっと衝撃受けただろうなと思いました。

まさかのストブラで学園パート、そして精神と時の部屋

まさかのストブラで学園パートがあるとは。正確に言えば普通の学園パートではなく、学園ファンタジーとしての学園パートですね。

新鮮だったし良かった。設定としては半年以上いた事になってるので、その間の細かい話とかappendで書いてくれると嬉しい。

そしてオチに関して、これ古城にとってある意味、精神と時の部屋みたいな感じだったなーと。ちょっと強くなってたし。

いよいよヒロイン渋滞起きてきた

個人的にはアニメ未視聴の回に突入してきたんですが、それでもやっぱ面白かった。相変わらずヒロインも良いし。

なんですが、まじでヒロイン渋滞起きてきて出番の配分とか難しそうだなって思いましたね。

個人的には煌坂推しなので、今回登場せず、少し寂しかったですが、次回以降楽しみにしてます。

また本記事執筆時、角川文庫・ラノベ読み放題ではストライク・ザ・ブラッド1巻~19巻が読み放題となっております。

月額836円(税込み)で利用できますので、検討してみてはいかがでしょうか?

角川文庫・ラノベ読み放題の登録はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA