ライトノベル

内乱終結とアミドニアへの宣戦布告『マンガ版 現実主義勇者の王国再建記Ⅳ』感想

内乱も大詰めを迎え、これを機に攻めてきたアミドニアへソーマが宣戦布告する『マンガ版現実主義勇者の王国再建記Ⅳ』の感想を書いていきます。

マンガ版 現実主義勇者の王国再建記Ⅳ あらすじ

泥沼の内戦へ突入したエルフリーデン王国。
禁軍、陸軍、空軍入り乱れる戦場では若王ソーマの想いとは裏腹に陸軍大将カーマインの遠大な計画がすべてを支配していた……。

「我がこと成れり」

さらに失地回復を目論む隣国の蠢動もあり終わりの見えない戦いの先に待つものは――!?
権謀術数渦巻く戦場を強き願いを胸に駆け抜ける異世界本格内政ファンタジー第四幕!

マンガ版 現実主義勇者の王国再建記Ⅳ 感想

原作でスールが、弓矢で鉄の塊を射抜くのに違和感あったんですが、漫画版では違和感なくて不思議。風属性の魔法を付加してる感がちゃんとあったからかなー、と。

という事でこれまでは内政だらけだった現国も本巻では戦闘しまくり(ソーマ自身は戦わないんだけどね)

そんな中でも戦艦に車輪つけて紅竜城邑を強襲したり、現国らしさが出てたのが良かった。ムサシ坊や君の中にリーシアが入っていたりとかね。原作の方で、もちろん知ってわいたんだけど中々シュールだったわ。どんな顔してシーリアは中に入ったんだろう。

次はアミドニアに対して戦線布告。ヴァンを攻めるので次の巻も戦闘多めになりそう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA