Web小説

僕らの過ごしたかった青春がここにはある「ワキヤくんの主役理論」【感想】

Web小説感想記事46作品目。

カクヨムの「ワキヤくんの主役理論」です。

ワキヤくんの主役理論 あらすじ

進学を機に独り暮らしを始めた高校生・我喜屋未那。

独自の主役理論に基づいて青春を素晴らしきものとするため活動を開始した彼の目の前に、現れたのはひとりの少女――友利叶。これまた独自の脇役哲学の下、理想の青春を送らんとする彼女は、未那とまったく同じ思考を持ちながら完全に正反対の解答を叩き出した――いわば天敵とも呼ぶべき相手だった。

警戒する未那。だが運命は皮肉にも未那と叶に同居を強制する始末。必然、「付き合っているのではないか」と噂の的にされるふたり。これでは未那の主役理論も、叶の脇役哲学も、その本来の意味を全うできない。

かくして、同根源にして別ベクトルのふたりによる、仁義なき戦いは始まった。

全ては主役理論と脇役哲学、どちらがより青春を輝かせるものかを証明するために――。

あと、ついでに誤解を解いて、彼女とかゲットするために!

ワキヤくんの主役理論 感想

シンプルに良かった。ラブコメ作品としてはもう最高の作品。

その理由としては、やっぱり王道の展開をベタに、直球で描いているから。

ヒロイン同級生と同居になっちゃったり、もう一人さなかというヒロインがいたり、学園生活、バイト、旅行とこれぞ王道ってのを詰め込んでくれてる。

特に旅行での夜の散歩のシーンなんかは、読んでいてこっちが恥ずかしくなってしまった

あー、こんな青春過ごしたかったなーという、青春のすべてが詰まってます。

あと、個人的に良かったキャラは秋良。

なんていうんですかね、こうゆうパッといきなり登場して(厳密には違うけど)、物語を引っ掻き回していくっていうキャラ。

好きなんですよね。エヴァのカヲル君とかコナンの怪盗キッドみたいな感じでしょうか。

 

というわけで、ワキヤ君の主役理論なんですが、シンプルにラブコメ好きな方にはおすすめなのかと。

とりあえず、現在連載されてる145話まで、読み終わって、まさに怒涛の盛り上がりをみせてます。

ちなみに当ブログの、【2019年】どれも面白い!カクヨムでおすすめしたいファンタジー作品40選でも紹介したのですが、この作品の作者 涼暮皐さんの他の作品、オカルティックコードと塞がりのカースコードもおすすめです。

そちらもぜひ。