Web小説

その世界観にハマる「異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~」【感想】

Web小説感想記事、ついに30作品目。

この調子でどんどん行きたいと思います。

ということで、今回はカクヨムの「異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~」。

30作品目にふさわしい、とても面白い作品でした。くわしく感想書いていきます。

異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~ あらすじ

取材のために異世界に行くという、ごく普通のラノベ作家のお仕事を小説風にしたものです。

異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~ 感想

さて、今更ですが当ブログにて色んなWeb小説を紹介してきました。

その中で「何気ない会話や一文で、その物語の背景にある設定が無意識の内に理解できる」作品が個人的に好きということに最近気づいたんですよ。

さらに付け加えると、その背景にある設定が面白かったりすると尚更いいんですよね。

というわけで、異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~もそんな箇所がいっぱいあって超満足な作品でした。

いくつか例を上げると、まず序章の主人公のセリフ。
「俺、異世界は苦手なんスよ。取材した事もないし」という部分。とさらにそこから続く展開にて。

ほんと数行ですが、背景に読み取れる設定がいくつかあるんですよ。

さらに言うと、その前にKADOKAWA編集者の奇抜な恰好という描写を入れてるじゃないですか。

読者がそっちの想像を膨らませてる間に、さらりと上記の会話とその続きを入れることで、気づかないうちにこの作品の世界観に読者を引きずり込んでるのですよ。

やるなー!って感じですよね。
そこからはもうページをめくる手が止まりませんでした。

他にも勇者や魔王なんかに取材したり、獣人ガイドとJKの3人旅、ライトノベル作家の熱い思いなんかを描いた面白い展開が続きます。

が、冒頭説明したような何気ない会話なんかの仕掛けにも注目して読んでみてほしいですね。

書籍も発売してるようなので、もしよかったらぜひ。

異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~ (ファンタジア文庫)