小説

いつの世も国は変わらぬ『ラスト・ワルツ』感想

柳広司さんの人気シリーズ作品である、D機関シリーズの4作目『ラスト・ワルツ』の感想書いていきます。この記事執筆時点ではシリーズ最後の作品となっているんですが、安定の面白さでした。

ネタバレが多少含みますのでご注意を。

ラスト・ワルツ あらすじ

華族に生まれ陸軍中将の妻となった顕子は、退屈な生活に惓んでいた。アメリカ大使館主催の舞踏会で、ある人物を捜す顕子の前に現れたのは―(「舞踏会の夜」)。

ドイツの映画撮影所、仮面舞踏会、疾走する特急車内。帝国陸軍内に極秘裏に設立された異能のスパイ組織“D機関”が世界で繰り広げる諜報戦。ロンドンでの密室殺人を舞台にした特別書き下ろし「パンドラ」収録。

スパイ・ミステリの金字塔「ジョーカー・ゲーム」シリーズ!

ラスト・ワルツ 感想

“情報は集めるより使う方が難しい”

この一文にこの作品だけでなく、これまでのシリーズ通しての結論見たいのが詰まってる気がしました。いくら優秀なスパイが情報を持ってきても、その情報を上手く扱えないのであれば意味がない。これは2作目の『ダブル・ジョーカー』の感想でも書いたんですが、スパイの無限の可能性と同時にスパイの限界。個人の限界もあるということですね。

ということで、今作の内容として、やはり印象に残っているのは「舞踏会の夜」。「アジア・エクスプレス」も良かったんだけど、初めての女性目線での話で、ロマンチックさを描きつつも、きちんとスパイものとしてオチまであるのは流石でした。

とりあえず現状ではD機関シリーズラストの作品。今後続編は出ないんですかね。少し寂しい気もしますが最高に楽しいシリーズでした。

また角川文庫・ラノベ読み放題では、時期によっては、これまでのD機関シリーズ作品が読み放題となっております。

残念ながら俺が読もうとしたときは他3作品は読み放題でしたが、『ラスト・ワルツ』に関しては対象となっておらず。Kindleで購入して読みました。

月額836円(税込み)で角川文庫作品とライトノベルが多数読み放題ですので、検討してみてはいかがでしょうか?

角川文庫・ラノベ読み放題の登録はこちら

※時期によって読み放題対象作品が異なります。ご注意ください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA