Web小説

【2020年】超面白い!!ネット小説でおすすめの作品100選

長年ネット小説を読んできて、「こりゃ面白いわ」ってなったおすすめ作品を100個紹介します。もはや「おすすめ」って言える数ではないんですが、ほんとどれも良作ばかりです。

Contents

超面白い!!ネット小説でおすすめの作品100選

1.犬と勇者は飾らない

まずはこれ。異世界を救った勇者が、地球に帰還。こちらの世界でも戦いに身を投じるという。とにかく主人公草介のキャラがめちゃくちゃ面白いて、ストーリーも一級品でおすすめです。

Web小説 ファンタジー部門の中でで5本の指に入る面白さ。

2.できそこないの救世主

魔力のないはずの少年がなぜか魔術学校へ入学することで始まる学園ファンタジー。

王道学園ファンタジー好きにはたまらない作品で、ヒロインもいますし(しかも2人も!)、一癖も二癖もある魅力的な仲間たちもいます。

そして次々と主人公鋼介たちの目の前に立ちはだかる困難。

個人的にシリーズ4が特に好きです。

3.テスタメント

自身の持つとある”力”によって命を狙われる事になった主人公時雨が、アテリアという魔法の世界で魔法学園に通うというストーリー。

魅力的な仲間たちとの学園生活が楽しいし、悪が単純に悪でない、敵は本当に悪なのか?などなど考えさせられる作品で、上記のできそこないの救世主より規模が大きい感じです。

4.裾踏物語

主人公望月拓郎と「裾踏姫」達の怪奇や鬼との戦いを描く作品。

冥府の武器×裾踏みの能力という設定も見事だけど、主人公の変態性やミステリー要素も素晴らしく、読んでてクセになる。

5.恋の追復曲シリーズ

個人的元祖ラブコメWeb小説。

いくつかルートが用意されていて美鈴ルートの「遥か彼方」が一番のお気に入り。なお、メインルートは2012年の更新を最後に休載中。

6.天才達と凡人

天才達に狂った愛を向けられる凡人の話。
凡人である主人公が旅に出る事になるんだけど、そこからの天才達の狂気さがもう色々やばいです。

7.幻想再帰のアリュージョニスト

とにかくこの作品を一言で表すとしたら、「カオス」。異世界転生にサイバーカラテや呪術、圧倒的世界観。読むの大変なんですが、ハマる人は滅茶苦茶にハマる作品なので、まだ未読の方はぜひ

8.ワキヤくんの主役理論

主人公の掲げる「主役理論」とヒロインの「脇役哲学」のぶつかり合い。ってのが特徴だけど、シンプルに一つ屋根の下、同居することになっちゃって色々青春Maxな学生生活を送るラブコメで最高ですよ、と。

9.飛火夏虫-HIKAGEMUSHI-

舞台は、ことわざの持つ意味を発現させる異能力“言技”が存在する世界。主人公は「飛んで火に入る夏の虫」。自ら危険に飛び込むと発火してしまうという能力を持っていて、、というこれまためちゃくちゃ面白い作品です。

10.謙虚堅実をモットーに生きております

悪役令嬢モノ。幼少期から丁寧に描かれてて、麗華のキャラや「君は僕のdolce」の世界観も緻密に作られている&表現されてるし、麗華のいわゆる「地の文(ツッコミ)」もめちゃくちゃ面白い。
ただ唯一欠点を挙げるとすれば、2年以上更新がない事でしょうか、、

11.無職転生 - 異世界行ったら本気だす –

特に言う事はないです。Web小説界における名作。主人公ルーデウスの一生を描いた作品で、ここまで人の一生を描き切った作品って案外少ないんですよね

12.最強出涸らし皇子の暗躍帝位争い~帝位に興味ないですが、死ぬのは嫌なので弟を皇帝にしようと思います

タイトルは、なろう感満載な作品だけど質が段違いに高くて面白いので、ぜひ読んで欲しい。個人的に好きな展開、要素がもう詰まりにつまっていて、初見は夢中で読み進めてしまいました。

好きなポイントとして、まずは主人公。出涸らし皇子なんて言われているけど、正体は古代魔法を操るランクSSSの冒険者。そして、単純な力だけじゃなくて”頭もすごい良い”ってところもいい。さらにヒロインも良くて”蒼鴎姫”フィーネや、聖剣を操る近衛騎士エルナなど、ほんとこの作者さんはヒロインの描き方が上手くて、そんな魅力的なキャラたちをベースに進んでいくストーリー展開もただただ最高。

13.勇者のクズ

タイトルから強い興味を引く作品。超能力の存在が一般化した現代が舞台で、その能力を悪用する者が魔王。その魔王を倒す者を勇者と呼ぶという設定になってます。

ハードボイルドな作風で勇者なのにクズという、一般化した勇者像とはかけ離れた主人公は読んでいて面白かったです。

14.最強人種

1では迫害され異世界へと旅立った勇者ゼクセルが主人公なんですが1〜4まであって、それぞれ主人公も違い、どれも魅力ある作品。

特に3では死に戻りの能力を主人公は持っていて、その能力を活かしながら1、2で出たキャラ達と共闘するので胸熱でした。

15.音使いは死と踊る

異能溢れる現代で、”音支配(ドミナント)”の能力を発現させた主人公神谷風人。しかし、能力の危険性ゆえ「自衛軍」に命を狙われるところを悪の組織に救われるというストーリー。

なろうの現代異能力モノといえばこれ。

16.サラリーマンの不死戯なダンジョン

突然ダンジョンに放り込まれたサラリーマンが何度もコンティニューしながらクリアを目指す。序盤はソロプレイ。ゲームの穴を突くような裏技を駆使して強くなっていくのが面白い。中盤以降は他のプレイヤーとの心理戦や共闘もあってめちゃくちゃ面白いです。

17.終天の異世界と拳撃の騎士

いつの間にか異世界に転移した少年が己の肉体を武器に生き抜いていく。とにかくバトルシーンが魅力で章を重ねるごとに熱い展開が増えていって最高です。

18.乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

アニメ2期も決定。

悪役令嬢モノ。

破滅フラグが待ってる悪役令嬢カタリナに転生してしまった主人公が頑張って破滅フラグを回避する話。カタリア→各キャラと、良いタイミングで視点変わって、グッと感情移入できるのが特に良い。

19.犠牲のソラ

人類が「魔光艇」に乗って空で暮らす世界。主人公はとある事件をきっかけに自分達が何のために生きているのか?を知る。

主人公が得た力が特徴的で面白いんですよね。

20.俺の死亡フラグが留まるところを知らない

ゲームの嫌われキャラに転生。死亡フラグを回避して生存ルートを目指します。本作の良い点は転生したキャラの設定を引き継いでるところ。つい主人公のハロルドは喋り方が毒舌なってしまうんですね。転生して性格も丸くなって、はい上手くいく。って訳ではないんですよ。

21.JK無双 終わる世界の救い方

JKが終末世界でゾンビをぶった切ってく話。

戦闘シーン多めで盛り上がります。スキルやレベルの概念もあって、バイオハザードのような世界観です。

22.転生!異世界より愛を込めて

ド直球な異世界転生モノ。さらにチートもありパロディ多めで「なろうモノ」って感じなんだけど、途中キツイ展開もあったり、主人公とティルフィングのコンビが最高だったりと、なかなかに面白い作品になってます。

23.この世界がゲームだと俺だけが知っている

プレイしていたゲームの世界に転移。と一見よくある設定だけど、とにかくバグが多いゲームで、そのバグを利用しながら無双していくという。

ネタもそうだが、伏線の貼り方も上手く回収も見事な天才的な作品。

24.平和の守護者

ES能力者という特殊な力を持つ人間になった主人公が訓練校に通い、成長して戦っていくというストーリー。
とにかく泥臭く主人公達が努力していくのが良いです!話が進むにつれ作品のスケールも大きくなっていきます。

25.転生したらスライムだった件

スライムに転生した主人公が最強の力を使って成り上がっていく。アニメ化もしてるので今更感ありますが、序盤どんどん強くなっていくのが面白くて、万人受けする面白さだよなーと。

26.レジェンド

異世界転生モノ。主人公レイと使い魔のセトのコンビが良い。中身も全体的に王道ですね。2,500話を超え、現在も毎日投稿を続けていて、まさにレジェンド。

27.人狼への転生、魔王の副官

転生×軍記の悪役モノ。人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトの魔王軍での活躍を描く。ただド派手な魔法とかチート、ハーレムはなくて、中間管理職としての苦労が垣間見えて、、全編安定した面白さでした。

28.ひげを剃る。そして女子高生を拾う。


サラリーマンがJK拾って共同生活に突入という現実だと圧倒的に事案なストーリー。JKとの禁断のラブコメかと思いきや会社の先輩が正ヒロインに名乗りを上げたり、後輩ちゃんもグイグイ来たりで目が離せませんでした。

29.払暁

異世界恋愛モノ。主人公は男装した女性で、お相手はイケメンの騎士。二人の不器用な感じがうまく描かれてて良いです。読み終わった後になぜタイトルが「払暁」なのかも分かりますし、満足して終われる作品になってます

30.勇者イサギの魔王譚

滅び行く魔族を救ってほしいと、召喚された4人の魔王候補たちの
ぞれぞれのストーリーを描く。各キャラ皆、行動原理があってそのために懸命に
行動していくのが良いです。主人公が4人って作品あまりないので新鮮でした。

31.THE WORLD

長編ファンタジー。序盤は学園パートで主人公が
学園の頂点を目指して駆け上がっていきます。

中盤以降は段々と規模も大きくなって、まさにタイトルの通り。エブリスタで連載されてたときから呼んでました。

32.テレポーター

個人的になろうで学園ファンタジーと言えばこれ。主人公は護衛任務で学園に入学することになるんですが、魔法選抜試験、文化祭、生徒会、修学旅行、可愛いヒロイン達、魅力的な友人達。そして、そんな学生生活の裏で起きる事件。と学園ファンタジーの魅力がこれでもかと詰まっています。

33.ロビンアルベルトの宿題

SF超大作。世界で多発する突然死に、母の残した一枚の写真。「トルベラ」という謎の言葉。謎が謎を呼ぶ展開で、最初読んだ時の衝撃は今でも覚えています。SF好きなら読んで損はなし。

34.ウォルテニア戦記

異世界召喚モノ。なんだが、人を召喚しては使い潰す世界だと知った主人公は持ち前の武術で脱走。そこから別の国の内乱に加わったり、領地経営を始めたり覇道を突き進んでいきます。

35.ドラゴンキラー商店街

ガチのドラゴンが現実世界で猛威を振るっていて、それに対して商店街の草野球チームが立ち上がるという、いやお前無理だろってストーリーなんだが、そんなトンデモ展開を上手く描き切るという。他の作品も含め、この作者さんは凄い。

36.アンダーグラウンド

主人公は偶然にも裏世界(アンダーグラウンド)に迷い込んでしまった事をきっかけに、2つの組織の戦いに巻き込まれてしまうというストーリー。エブリスタ名作の1つ。

 

37.同じクラスに何かの主人公がいる

「なっ……!? このエネルギーは……!?」
とか言い出して、授業中に教室を飛び出していく主人公。
……を、教室に残って眺めるモブ生徒の視点から描いたお話です。
ということで、見事な設定。徹底的にツッコミを入れてく感じが面白くて、最初の数ページで引き込まれてしまいました。

38.Mr.NO-GOOD´

主人公は右腕に魔剣を宿していて、結構強いんだけど訳あって力を表立って使えず、さらに運のなさからとことん色んな人に嫌われるという。

ただ最後、ちょっとだけ報われたりしてそこら辺のさじ加減が絶妙でした。

39.ハルジオン~口だけ野郎一代記~

ジャンルとしては学園ファンタジーに加え、いわゆる「勘違い系」で癖が強すぎるんで好き嫌い分かれそうですが、主人公のクズさが一周回って清々しい。

40.世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)

せっかく能力に目覚めたのに何も事件が起きない!よしじゃあ自分で起こそう!って言う自作自演ストーリー。よくあるラノベ展開の裏側を覗き見してる気分でした。

41.ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

学校まるごと異世界転移からのサバイバル!魔物とのバトルだったり、他の生徒達との抗争があったりします。レベルアップすると白い部屋に飛ばされる。って斬新な設定だよな。

42.親友モブの俺に主人公の妹が惚れるわけがない

ファンタジー要素も強いけど、何故親友のモブキャラを演じてるのか?だったり、色んな境遇も徐々に明かされてきてストーリーとして完成度が高い。

ヒロイン達も皆いい感じで、恋愛×ファンタジー、そしてコメディが良いバランスだなと。

43.インサイト・メサイア

全てを奪った魔族への復讐劇。
サイコパス系主人公で、読んでいてゾッとするんだが、ページをめくる手が止まらなくなる中毒性高めの作品。ガロンさんがチョロすぎるけどそこはご愛嬌。

44.level999の村人

最弱の役割である「村人」ながらもLevelが999あるという設定。ひょんなことから、勇者に殺されそうになっていた魔王の娘を助けたことから物語が動き出します。最弱という立場ながらも最強の力を誇る主人公にワクワクしますし、割とテンプレ的な展開もあっておすすめ。

45.リビルドワールド

主人公が謎の美女アルファと出会った事から始まる近未来SF×成り上がりモノ。ハンターとして成り上がっていく感じと主人公がいい感じに「普通」なのが良いな、と。

46.-MAKOPIN QUEST-

いわゆる勘違い系。酒と女に溺れるダメ男がひょんな事から成り上がる。序盤コメディ強めだが徐々に軍記モノとしての顔も見せ、あまりの面白さに気付けば夜が明けていた素晴らしい作品。

47.夢見る男子は現実主義者

同じクラスの美少女に一途に猛アタックしてたんだけど、ある時ふと我に返って、何やってたんだ俺。ってなって、、から始まるラブコメディー。

異世界転生せずとも人は変われる。

48.異世界迷宮の最深部を目指そう

シンプルな迷宮攻略モノかと思いきや、迷宮外での出来事も
濃すぎて、脇道が本編だった的な感覚。

個人的には3章あたりから一個別次元に面白くなった作品でした。

49.歴史に残る悪女になるぞ

この主人公は前世で悪役令嬢に憧れていたっていう、悪役令嬢モノのテンプレと逆を行ってて、世界一の悪女を目指して鬼のように努力したり、フラグ回避ではなく、むしろ突っ込んで行くんだが、主人公のズレた悪役令嬢観によって、ただの良い奴になってしまったり、色々と読んでいて楽しい作品でした。

50.竜魔神姫ヴァルアリスの敗北

センスあるルビとヴァルアリスの食事風景がすんごい飯テロで夜中に読むとヤバイWeb小説界の「孤独のグルメ」。ちなみに出てくるお店は実在している店をモチーフにしているらしい。

51.魔法少女を助けたい

ま○マギに似てダークな感じ。ステータスやスキルの要素もあったり、魔法少女のハーレム的な展開、それに続編もあります。個人的には主人公と親友の優太郎との掛け合いが面白かったですね。

52.漆黒の帝王

学園ファンタジー。連載が開始したのっていつだっただろうか?個人的に最強!チート!といえばこれで、主人公カレナがとにかく最高。読み返せばあの頃の記憶も蘇るエモい作品。

53.異世界だってサラリーマンはいる

タイトルの通り主人公は異世界の新入社員のサラリーマン。とある目的のために同期でトップの成績を取らなくてはいけなくて奮闘します。
ってことで、設定見事ですし、後半からまさかの展開でおもしろいですよ、と。

54.ルーイ

金髪が差別される国で生まれた金髪の王子の叛逆の物語。
胸糞悪い展開多めだけど、その中で必死に主人公たちは足掻いて
いきます。

55.ありふれた職業で世界最強

まさになろう作品って感じだけど、アニメ化もされていて
やっぱ読みやすい面白い。クラス単位の異世界転生に、裏切り、
苦難の果てにいつの間にか最強という、これが新時代の王道
ってやつですね。

56.ソード・オブ・ベルゼビュート

伝説の傭兵がとある任務により、学園に入学する学園ファンタジー。ハードボイルドな作風で、本来の力は存分に発揮できないのですが、そんな中で”特例戦”を持ち前の戦闘能力やあらゆる手を使い勝利していくのが良かった。

57.Blade on Magic

学園ファンタジーで魔力の少ない落ちこぼれ主人公の成長の物語。

三巻で更新が止まってるので、紹介すべきか迷ったんですが再開を願って紹介。ただ最後の更新が2014年。流石に望み薄いっすかね。

58.察知されない最強職《ルール・ブレイカー》

異世界転生モノ。主人公はとある理由から気配を
消せる能力を手に入れて、それで上手く色々立ち回っていきます。

けどめちゃくちゃ強いけど、完璧に最強というわけでもなく、
スキルやポイントの概念もあって、よく作り込まれている作品でした。

59.死にやすい公爵令嬢と七人の貴公子

王道悪役令嬢モノのストーリーに古き良きファンタジーが、絶妙に組み合わさった作品。杖で魔法使ったり、遺跡探検したり、幻獣と幻猫が仲間兼ペットになったりと、読んでいてとにかくエモい。
ファンタジー好き要素強めの悪役令嬢モノをお求めなら間違いなくこれ。

60.ンディアナガル殲記

破壊と殺戮の神ンディアナガルをその身に宿した少年の物語。主人公無双だけど、グロい。ヒロインも容赦なく死ぬ。ただただ破壊の限りを尽くす異色の作品。

凛々しいぐらいに突き抜けていて、ラストも個人的には好みでした。

61.それでも平凡は天才を愛せるか

世界屈指の天才・奇才が集まる鷹閃大学に何故か入学できてしまった「平凡」な主人公が送る学園ミステリー。殺人事件ではなく、いわるゆ日常の中での悪意やその動機を推理、答え合わせしていく。

作品の雰囲気含め圧巻の作品です。

62.にわにわにわにわとりが

異世界転生モノ。なんだけど主人公は魔力なし、スキルなしで
俺TUEEEならぬ俺YOEEEという。そんな主人公が織り成す日常が
面白おかしく描かれてます。

ユーモアセンス抜群で、シンプルに地の文が面白いかったですね。

63.Unnamed Memory

幼い頃、子供が残せない呪いを受けた王太子オスカーと大陸最強の魔女ティナーシャの物語。ファンタジー要素も強めですが、個人的にはこの二人のラブストーリーだと思ってます。

基本シリアスベースなんですが、何気ない二人のやり取りが良いあーと。

64.あの夏を僕らはまだ終われずにいる【改訂版】

学園恋愛モノ。主人公はギャルゲ親友ポジみたいな存在。とあることがきっかけで、「ギャルゲ主人公」みたいな、主人公の友人、風宮巧と幼馴染である篠ノ井を何とかくっつけさせようと奔走することになります。

青春の甘酸っぱさを感じれる作品でした。

65.俺たちにまだ恋は早い

ワキヤ君の主役理論と同じ作者さんの作品。
部の崩壊を防ぐため「部員全員の恋愛を邪魔する」というワキヤ君同様ややこしい設定だなーと思ったら、キャラも同じくめんどくさい奴ばっかで、相変わらず最高のラブコメ。

66.神様は少々私に手厳しい

異世界モノかつ恋愛モノ。んで主人公は二度目の異世界転移で、かつ転移した場所は敵国、さらに十年後の世界という、タイトルの意味が分かる作品。

特に十年経過しているってのが、デカい。色々上手く描かれてて面白かったですね。

67.魔女たちの夜宴

ある日、自宅に紛れ込んだ黒封筒を開けたことから、始まる転生なしの現代ファンタジー。
ストーリーもそうですが、使い魔のフェレス始め、「七割の男」である主人公の七瀬、ヒロインの優雅とキャラがどれも魅力的でした。

68.勇者の放浪

1話完結型の短編集。主人公だけが共通して登場。毎話、別に焦点の当たるキャラがいて、そこにフワッと珊瑚が絡んだり、がっつり関わったりと登場の仕方も様々。とにかく1話1話、中身が濃い。個人的に好きなのは、第7話「赤の剣聖」で、よくある展開ではあるけど最後全てが繋がった瞬間は面白くて、珊瑚と同じく思わず笑みがこぼれました。

69.世界で一番要らないチート

転生者でチート持ちがいっぱいいるという世界が舞台。
そんな世界でのありきたりなチートに対する否定が面白かったですね。完結済みで長さも丁度いいかと。

70.Crawler’s

汚染された地球を再生するための任務中に、時空間に飛ばされ、着いた先は環境が再生された地球。さらにそこにいたのは知能ゼロの女たちで、謎の異形生命体も存在する。というストーリー。ハーレムっぽいけど、全然そんな事なくて、極限状態の中で、徐々に謎が明かされていく感じが良かった。

71.奪う者 奪われる者

異世界転移モノかつ相手のスキルを奪う目を持った主人公の成り上がりってところでしょうか?基本チートなんだけど、相手も強い奴が出てきたりしてそのバランスが良かった。
あとは、時々垣間見えるヒロインたちの狂気性に震え上がる。

72.ラピスの心臓

狂鬼と呼ばれる凶暴な生き物が存在する世界。
主人公は孤児だったところを、才能を見込まれ凄腕の刺客に拾われ十二年間鍛錬に励む。
そして様々な知識や技術を習得し見聞を広めるために旅にでる。という感じ。

とにかく描かれる人間ドラマが圧巻。深く感情移入できる作品。

73.願わくばこの手に幸福を

過去に戻るやり直しモノ。一週目の知識があるが故に逆にピンチになったり、本来は幼馴染を救世者に奪われないようにするため過去に戻ったんですが、予想外の展開になったりして面白かったです。

74.ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん

乙女ゲームのツンデレ悪役令嬢のツンを丁寧に実況する遠藤くん&小林さん。の声が婚約者のジークヴァルトに聞こえるようになったという。

ツンの描き方がお見事!

75.横浜駅SF

カクヨムのSF作品と言えばこれ。
増殖した横浜駅が舞台。42番出口の謎やキセル同盟のリーダーなどなど、ストーリーが進んでいくことによって、徐々に色々明かされていくのが面白かったなーと。

76.龍鎖のオリ ―心の中の“こころ”―

学園ファンタジー。とある事がきっかけで皆に嫌われていた主人公が報われるまでが結構長い。けど個人的にはその感じが良くて、途中起きるイベントとかヒロインと仲良くなってくのが良かった。

77.お隣の天使様にいつの間にかダメ人間にされていた件

とにかくヒロインが滅茶苦茶かわいいラブコメ。
周と真昼の距離が徐々に縮まっていく感じが良くて読んでいてニヤニヤが止まりませんでした。

78.S.Z.A―第2課勇者係

この作品における「勇者」は公務員的な立場でモンスターのいる近未来で平和を守っています。第一部では、ゴブリンが大きな脅威になっていて、事件に至る経緯や、ストーリーめちゃくちゃ面白かったですね。

79.暗黒騎士斉藤くんの業務レポート

ファンタジー作品ですが、SMEという病気、さらに発症の原因である強いストレスなど、個人が日常生活の中で抱える問題を上手く描けている作品。

リーゼロッテと暗黒騎士二人の関係性が良かった。

80.異修羅

シンプルに最強と最強がぶつかり合う熱いバトルが見どころな作品。さらに各キャラの掘り下げもしっかりしていて ストーリーに奥深さがありました。

81.その科学は魔法をも凌駕する。

異世界モノに科学の要素を混ぜた作品。
主人公自身も科学技術によって超人と化していて俺tueeeしてます。展開的はテンプレですが、上記の通り最先端科学を駆使していくので新鮮さがありましたね。

82.アイオライトの心臓

生まれながらに呪いを持つ主人公と、師匠であるカレドア、そして謎の少女三人の関係を中心に描かれる重厚なファンタジー。ストーリーもいいんだけど、シンプルに文章も良くて引き込まれました。

83.勇者召喚が似合わない僕らのクラス

クラス丸ごと勇者召喚され異世界へ。けど、皆ハズレ職ばかりで、、という。主人公が策士なタイプで能力もかなーり面白いです。

84.暗殺拳はチートに含まれますか?

先祖代々受け継いでいる暗殺拳を継承した少女がVRの格闘ゲームでその能力を遺憾なく発揮するという作品。間違いなく暗殺拳はチートでした。

85.破壊の御子

主人公TUEEEでなく、むしろ最弱。だけどただの高校生が文字通り死に物狂いで亜人たちを率いて、史上最悪の破壊者への道を突き進む話です。戦略系や建国~内政的な話が好きな人にはたまらない作品かと。

86.異世界帰りの勇者が現代最強!

ヒロインのクセが強い。一見清楚だけど裏では毒舌で捻くれてて、ど変態な阿倍野輝夜。さらにツンデレ系ワガママロリっ子なレーラなど。逆に主人公が常識人な感じに見えるという。

良作でした。

87.神解きの魔法使い

学園ファンタジー。主人公ライトは貴族の生まれだけど魔力が無く一族の恥として地下に幽閉。紆余曲折あってギルドに拾われ、才能が開花。魔法学園に入学し、物語が動き出します。

ジェイルが個人的にお気に入り。

88.異世界でも無難に生きたい症候群

異世界モノ。主人公は魔力なしで自らの振る舞いや観察力で上手く生きてく。この手のジャンルの中では間違いなく最高峰で「順応編」での尋問シーンで読んで一気にハマってやべーってなりました。

89.幻想世界のフラグクラッシャー

バットエンドが確定している異世界に行って、その危機を回避するという作品。主人公進藤と友人の加藤のやり取りがツボでした。

あとクリアした世界で親しかったキャラを召喚できるって設定は見事!

90.テイルズオブ西野

青春の尊さに気づいたフツメン高校生「西野」が、
最強異能パワーで学園カーストを駆け上ろうと試みるも、一向に登れない現代ファンタジー。

主人公のイタさがクセになる中毒性高めな作品。

91.グラジオラスは曲がらない

敵キャラは転移者。中盤から終盤にかけて転移者との戦いも激しく、怒涛の盛り上がり。圧倒的チートを前にどう戦っていくのかという点が特に面白く、ラストの展開も見事でした。ニールの精神力えぐい。

92.異世界の名探偵

前世でミステリマニアかつ探偵だった主人公は、その記憶を持ったままファンタジーの世界に平民ヴァンとして転生。ずば抜けた魔術の才能、前世の知識で成り上がっていく中、ヴァンの前で不可解な殺人事件が起きる!!

93.異世界の迷宮都市で治癒魔法使いやってます

ストーリーはタイトルの通りなんだが、主人公が変態セクハラ野郎でコメディ的な展開が魅力。エリスやユエルを始めとするヒロイン達との絡みがWeb小説らしく面白いです。

94.田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

俺tueeeなんだけど、主人公がアラフォーおっさん。コメディ要素強めで、ヒロイン多種多様というカオスな作品なんだけど、面白くて読み進めてしまいました。

 

95.異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~

異世界に行く事が可能な世界で、主人公はライトノベル作家。取材のために異世界に行くというストーリーで面白い。

随所に書き手としての信念みたいなモノも描かれていて良かったです。

96.軍師は何でも知っている

ファンタジー×戦記モノで、主人公は話術や知力で現状を打開していく。特筆すべきはヒロインの描き方。出会い、仲を深め、そして別れ、試練を乗り越えて、、という一連の流れが、どストライクでした。

97.俺は魔王で思春期男子

基本は学園コメディ。魔王が正体を隠し学園に通います。この魔王がまあ変態で、読んでいて非常に楽しい。全9巻+番外編で物語として、しっかり完結してますし、色々話も膨らんでいって面白かったですね。

98.聖樹の国の禁呪使い

学園バトルモノで正統派なヒロインとダークなヒロインが登場。他にもヒロイン候補っぽいのがいるので、まあハーレムっすね。学園の外からくる最強のヒビガミや四凶災なんかとのバトルシーンは手に汗握る展開。

99.世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する

前世で最強の暗殺者だった男が異世界に転生!
基本俺TUEEEですが、それ以上に強いキャラも出てくるので飽きが来ません。ヒロイン達との関係も良い感じでした。

100.陰の実力者になりたくて!

最後100冊目にふさわしい作品。なろうにおける最上級の「勘違いモノ」で、影の実力者に憧れていた主人公が異世界転生を果たして、実際に影の存在として暗躍していきます。

まじアニメ化してほしい。

最後に

以上、ネット小説でおすすめの作品100選でした。

今後も、面白いネット小説をスコップしていく予定です。また良い作品あったらブログとかで紹介していきます。