小説

ミステリ色の強い『パラダイス・ロスト』感想

柳広司さんの人気シリーズ作品である、D機関シリーズの3作目『パラダイス・ロスト』の感想書いていきます。

ネタバレが多少含みますのでご注意を。

パラダイス・ロスト あらすじ

大日本帝国陸軍内にスパイ養成組織“D機関”を作り上げ、異能の精鋭たちを統べる元締め(スパイ・マスター)、結城中佐。その正体を暴こうとする男が現れた。英国タイムズ紙極東特派員アーロン・プライス。結城の隠された生い立ちに迫るが……(「追跡」)。ハワイ沖の豪華客船を舞台にした初の中篇「暗号名ケルベロス」を含む全5篇を収録。世界各国、シリーズ最大のスケールで展開する、究極の頭脳戦! 「ジョーカー・ゲーム」シリーズ、待望の第3弾。

パラダイス・ロスト 感想

これまでのシリーズの作品よりもミステリ色が強い印象でした。

特に「失楽園」、「暗号名ケルベロス」ですね。特に「失楽園」では第2作目と同じようにD機関のメンバーではない人目線で描かれて、一体誰がD機関の人間なのか?どんな手口を使ってくるのか?ってのがあったので、血眼になりながら読んだんのですが、全く分からず。真相がわかったと時思わず「そうゆうことか」と声が出てしまった。

ただ実は一番気に入ったのは『誤算』でタイトルの通りD機関のメンバーが任務活動中に誤算が起きてしまうのですが、それに対する結城中佐からの対処の教えが予想の斜め上を行き過ぎて、現実的すぎじゃないのが面白かった。ただそれを本当に実行してしまいそうな雰囲気がD機関のメンバーにはあるし、これまでの話の積み重ねもあるので全然あり。最後の島野のセリフもかっこいい。

初の中編も描かれたりと相変わらずの魅力たっぷりな作品でした。

また角川文庫・ラノベ読み放題では、時期によって『パラダイス・ロスト』が読み放題となっております。

月額836円(税込み)で角川文庫作品とライトノベルが多数読み放題ですので、検討してみてはいかがでしょうか?

角川文庫・ラノベ読み放題の登録はこちら

※時期によって読み放題対象作品が異なります。ご注意ください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA