ひきこまり吸血鬼の悶々

ギャップに引き込まれた『ひきこまり吸血鬼の悶々』感想

『ひきこまり吸血鬼の悶々』久々1巻読み返しました。
最初に読んだの少し前で、その時はまだ1巻しか出てなかったのですが、いつの間にか2巻以降も出てるので、これから読んでいきたいところ。

ということでとりあえず1巻の感想をまずは書いていきます。

ひきこまり吸血鬼の悶々 1巻あらすじ

「…ふぇ?な、なに?」引きこもりの少女テラコマリこと「コマリ」が目覚めると、なんと帝国の将軍に大抜擢されていた!しかもコマリが率いるのは、下克上が横行する血なまぐさい荒くれ部隊。名門吸血鬼の家系に生まれながら、血が嫌いなせいで「運動神経ダメ」「背が小さい」「魔法が使えない」と三拍子そろったコマリ。途方に暮れる彼女に、腹心(となってくれるはず)のメイドのヴィルが言った。「お任せください。必ずや部下どもを勘違いさせてみせましょう!」はったりと幸運を頼りに快進撃するコマリの姿を描いたコミカルファンタジー!引きこもりだけど、コマリは「やればできる子」!?第11回GA文庫大賞優秀賞受賞。

ひきこまり吸血鬼の悶々 1巻感想

コメディのまま進んでいくと思いきや、まさかの後半はシリアス&少年マンガのような熱血展開もあってそのバランスが良かった。個人的にコメディモノってふと「あれ?なんかこのギャグ微妙」とか思っちゃうと一気にその作品に興味なくなっちゃうんですが、熱い展開があったりすると、そっちのモードになって読めるので良かったです。コマリとヴィルのやり取りも面白い。

他、この作品で良かった設定があって、戦争がガンガン起きるんですが、本質的に誰も死なないってとこ。というのも本作の世界には6つの国があってそれぞれ魔核というのを持っていて、その魔核の影響範囲内なら死んでも、少しすれば何度でも復活できるってのがある。だからこの世界は戦争が一種のエンタメみたいな感じになっていて、だからこそ”死”をコメディとして扱える。ここら辺の設定が上手いなと思いました。

2巻目以降も楽しみだな。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA